1/5 2007掲載

新春事始は「蕎麦と鮪」

昨年末、那須男君自ら自分の畑に蒔いた蕎麦が立派に成長し、石臼で引いたのを送ってくれました。

信州蕎麦です。

出来は?

そんな頃合「ピンポーン!」

大間からの直送品到着!

昨秋、鳥取まで出かけて堪能した”松葉蟹恋しや”メンバーが揃ったので正月早々の膳スタートします。

期待で胸膨らみます・・・

昨年末、宴席上浄水主人へ聞いてみた
「大間のマグロって手に入らんとね?」
「博多では入手出来んよ」

そう云われたら尚欲しくなるのが人間の性・・・
大阪の「黒門市場」
東京の「築地市場」へ攻勢かけたが無理との事。
「大間の近くのマグロではいけません?」
「いや駄目です、大間でなけりゃ」

最後の手段、大間漁協を通じて送ってもらった
ほんまもんの”The鮪”

「この生鮪、博多まで送れないことはないんですが48時間経過すると酸化が始まり美味しくいただけません
マイナス60度で瞬間冷凍しますから、こちらの指示通り解凍してもらえるなら生と遜色ない味で食べる事は可能です」
と聞いていたのでその秘伝の解凍直伝に従い
濃度○%の塩水を用意し
温度○○度まで暖め
○分○秒間、冷凍した鮪を生のまま湯に浸します。

見る見る
生の状態に変わってゆく様・・・期待が持てそうです。

水気を拭き取って・・・

中が凍った状態で

常温状態へ持ってゆきますと、、、食べ頃となります。

その間

新蕎麦をいただきます。

うーん!糖度の高い信州蕎麦、育った土地は那須男の里栃木だが上出来の蕎麦、評価は★★★です。

「よう出来とうね」

そして鮪の番です。

刺身で・・・

自他共に認める食通西村君の意見は

「何という味かいな・・・!」

お次は海苔で巻いてご飯と共に

どうだ!

えーい!正月やけん

豪華3本立てや!

「大間の鮪は赤身です」と聞いていた通り、赤身の純粋さといったら人生経験60年にして味わう初めてのもの。
中トロ、大トロも云うに及ばず食べても食べてもしつこさが微塵も感じられない見事なもの、後味スッキリがその証拠です。

鮪の余韻の残るまま

今度は

掻き揚げ蕎麦

いやあ〜!!!

参ったっす!

1/26 2007掲載

2007年浄水お初膳

浄水茶寮の冬

松葉杖に助けられての生活も約3週間

不自由さを痛感し、今後の生活態度改善に努めれば少しは進歩もあろうというもの!?

やってきました浄水茶寮・・・・・

予約も無し

突撃取材となったにもかかわらず、さりげなく運ばれた前菜です。

カメラが変わって

初めてのレポート・・・慣れるまで不手際があるかもしれません。

CANONの

IXYdigital900IS、フラッシュが強力なので今回のお皿の撮影は全てフラッシュを使用していません。

2007年問題に

優しく!?対応の・・・

季節野菜天麩羅

幸せ感がソフトににじみ出る一品です。

暇人!

人事でないと感じたのか、歩行訓練が始まりました。

質感が伝わってくる

発色具合?
鰆の焼き具合も見事に表現されています。

大根にピント!

接写の際、この機種はピンポイントに焦点を定めてしまうので要注意です。

漬物にピントが・・・

これは合格!!

フラッシュレスとは

思われないレンズの明るさだと感じますが・・・

最後にもう一枚。

もうちょっとお勉強して美しい撮影に努めねばなりません。

これで撮りました。

2/9 2007

近場の「名温泉」すっかり忘れておりました。

福岡魚市場(中央卸売市場)を背に真っ直ぐ南下、この通称「高宮通り」は二日市温泉へと向かっています。

赤坂門から車で約45分、天皇家の宿”大丸別荘”は此処です。

創業慶応年間の老舗宿到着。

実は今回の温泉行脚、義父の術後リハビリと私の骨折リハビリを兼ねております。

そこいらの温泉宿とは

ちょっと違う、大分違う!

皇室ゆかりの宿。

迷路のような廊下を通って

やっと

部屋へ到達します。

名庭園を拝ませてもらおうと

またまた迷路を通って

庭に出ます。

回遊式庭園は

見事に手入れされていて

格調高さを保っています。

早くも紅梅が・・・

小春ママもえらくお気に入り。

更に奥へと進めば

ここが温泉、次田乃湯。

湯気で不鮮明・・・

webサイトからの拝借で見てみましょう。

その静寂で雅やかな風情の名湯は
「次田の湯」として万葉集にも詠まれています。
道真公が御皇室の御安泰と御平安、又御自分の
無実を天に祈られた天拝山の麓にあるこの二日市温泉は
1300年の昔よりこんこんと湧き続ける九州最古の温泉として
知られています。

アルカリ性単純泉なのだが、成分的には食塩泉、硫酸塩泉の成分も相当混じり芯から温まる。

善い湯だった!

丁度お昼時・・・

部屋でゆっくり食事が味わえるのも高評価の一つ。



オーソドックスな会席料理だが、手抜きのない真面目!?な昼膳。

昼寝したら再び温泉へ・・・・・

ティールームでお茶するも良し

個別の応接室も準備されていて商談もOK。

ありがた〜いお湯でした。

住所:〒818-0058 福岡県筑紫野市湯町1-20-1
連絡先:大丸別荘:092-924-3939
多くの皇族方・国賓・各界の著名人・作家・芸能人等にご利用いただいています。博多の奥座敷。

2/13 2007掲載

二月の連休最終日、今日は快晴・・・

我が家から1時間半のドライブで湯布院出口までやって来ました。

今日の目的地は此処。

非常に気持ちの良い環境・・・

ここから更に上の区画へ進んで

到着です!

伊達君夫妻に迎えられ・・・

興味津々の「お宅拝見」が始まります。

広いリビング、その1

その2です。

かすかに

望める由布岳の頭部分。

ウッドデッキの

歩行感が何とも云えません。

ん!?

あれが今回最大の来訪目的の温泉です。

この

素晴らしい環境のお陰?完成して約半年のこのお宅の利用頻度はかなり高いようです。

こちら

情報関連!?コーナー、、、しっかりネットにも繋がっています。

心地よい

暖房の源、カナダ製暖炉のお陰のようです。

キッチンコーナー

10人

ゆっくり食事出来るテーブル、オーナーが工夫した炭火焼設備も完備されていて、使い勝手は良好。

階下のゲストルーム

他にもう一部屋準備されていて・・・何という”ゆとり”

傾斜地をうまく

利用した構造、リビングが2Fで1Fに寝室・・・

そう、温泉です、温泉

ジャーン!!!

開放感溢れるここからの眺め、全く人工の物見当たりません。

いやあ〜

どの温泉にも

勝るのは「大名気分」を独り占め出来ること。

動画で確認してもらいましょう。

お風呂を堪能したらお昼時、ランチに出かけます。

土地の有効利用

状況がこの写真からよく判ります。

湯布院の街並み遠望。

この地の名物「朝霧の里」が楽しめる贅沢さよ・・・そう、お昼です。

蕎麦です。

名宿「無量塔」がやっている「不生庵」ですが、伊達夫妻ははじめてとか。

盛り蕎麦と

鴨せいろ蕎麦

ゆっくり待たされたらふく喰って、好天に誘われ塚原高原へ・・・

気になる硫黄の噴気

入るのは、次回という事に・・・

眼下に塚原高原。

更に東へ、別府へと向かいましょう。

明礬温泉です。

例の”ゆで卵”、、、とても熱く、素手では触れません。

高速で湯布院へ・・・

東急湯布高原へ戻って来ました。

伊達さん、とみ子奥様
  昨日は大変お世話になりました。
  好天に恵まれ、美しい自然の中に木の香漂うお宅は、快適でくつろげ
  すっかり心いやされました。日頃お忙しくお仕事に活躍しておられる上
  お客様へのおもてなしも色々考えておられるのに驚きました。
  おかげさまで春のホッカホカの楽しい一日を過ごさせていただきました。
  ありがとうございます。           小春ママ

2/15 2007掲載

そういえば最近浄水は「創造と破壊」から遠ざかっているようだ。

今日はお世話になっている

不動産関連取引先を招待の膳、日頃口にしない食材で攻めてみようと思案を重ね
浄水主人に相談しました。

「いいよ、やってみようか」という事になったので期待に胸膨らせやってきました。

一皿目は

季節食材の和え物

冷酒が宜しいようで・・・

何!?

スッポンの椀・・・ふくよかな香りとともに野性味溢れる食感。

創造と破壊!?

少し前の事になりますがここ浄水でやっていたパターンが甦ります。

素直に美味い!!

口直しにそら豆。

そして今宵のテーマ

鍋?

そうです、でも普通の鍋じゃあないよ。

リワキーノが

同席していたら間違いなく越し抜かす食材!

今宵のリクエストは「ネギマ鍋」

でもその前に

折角のトロ、刺身で食べたくなったので刺身醤油を注文・・・う〜ん、、、皆さん唸ってます。

出汁も頃合・・・

動画で確認して!

「お待たせしました」

ん!?

「追加の鮪でーす」

「食べきれるかいな?」

「お見事!」

さすが浄水茶寮、創業以来初めての”ネギマ鍋”をさらりと提供してくれて・・・感動モノです。

京料理や関西風味付けは上品で料理史にも残る傑作ですが・・・
江戸風っていうと
モンジャ・掛け蕎麦・どぜう・・・・・!?何かを忘れてはいませんか?

江戸にはマグロがあります。
冷凍技術が無かった頃は捨てられていたというトロ、この濃厚なうまみのトロとそのくせを和らげる葱の
コラボレーションでとてもおいしい料理となります。赤味でやったらがっかりするかも知れません。

お後はサッパリ

信州蕎麦

そして

カラスミ茶漬けでフィニッシュ!

お後は

「もう動けません」って云うくらい堪能させてもらって

店を後にしました、、、オワリ。

1/22 2007掲載

小春のページの新年会 at ベトナム・フロッグ

昨年末にレポートの”ベトナム・フロッグ”が好評だったので新年会は此処にしようという事になりました。

素晴らしいレポート

送ってくださるK.mitikoさん

M.v.K.さん

ボケとつっこみの二人、長年のYachtの仲間

美紀に

美和

骨折以来、頭の上がらない

小春ママ

ありゃ、、、皆さんお揃いのようです。

お店の個室を貸し切っての宴

定員14名、満杯です。

左から、九州探検隊さかい婦人に風来坊婦人、そして浩子ママ

一歩間違えば一周忌の「偲ぶ膳」になる筈だった!?興平の亡霊!?、風来坊&さかい

強いて上げれば、、、無呼吸睡眠症候群の在川に、欧州レポーターv.K.

okaruちゃんのポン友二人に

お馴染み三人

揃ったところで乾杯!!!

ベトナム料理といえば

生春巻き

「何でエ・・・写真がよく写ってない」って声が聞こえてきます。

そうなんです、長年使用中のデジカメが故障し、急遽小春ママのカメラ借りての撮影です、ゴメン!

穴子の揚げ春巻き

揚げ海老

ベトナム料理に出てくる香辛料やソースが材料をぐっと引き立ててくれて、満足な仕上がりになっています。

牛の煮込み

オムレツ

日頃の罪滅ぼし・・・

今宵は奥さん方、喋って喰ってその上支払いは旦那任せ。

中華のエビチリとは

ちょっと!?いや大分違うベトナム仕上げ・・・甘さのなかに主張がはっきり読み取れる暑い国の郷土料理です。

14人が

一斉に喰って、すぐさまお皿は空っぽに・・・店員さん、走ってます!

よか味やねえ!

一通り平らげた辺りから、振り出しに・・・

もう一度禁断の品「魅惑の生春巻き」を賞味し

そう大事な一品撮り忘れ、、、

ベトナム・フォー

これはベトナム料理webからの借用です。

〆は、あんかけ炒飯

土鍋仕上げでホカホカ、ホクホク、幸せ気分に浸れます。

デザートはベトナムアンミツ

ココナツ風味の優れもの

満腹・満杯・満足の膳延々3時間・・・ご馳走様でした。

評価の方は?

昨日は新年会にお誘いいただき本当にありがとうございました。

久しぶりに子供の世話をせずに、美味しい料理を楽しむ事が

できました。それにしても、ベトナム料理の虜になった私・・・・

今度は是非ランチに行ってみま〜〜す!!

早く足が完治するといいですね・・・もうしばらく小春ママの言う事を聞いて養生してください・・・美和



2/19 2007掲載

背振山系越え、雲海たなびく山間に向かって道を下ってゆくと・・・

佐賀の熊の川到着。

「ちょっと分かりずらい
かも知れませんが」と聞いていたが

目指す浴場は此処です。

関西の温泉マニアが「空港到着の後直ちに向かったのが熊の川浴場です」とブログに書いてあるのを発見
早速今日は現場検証というわけです。

嘉瀬川沿いの名湯

温泉の起源は、弘仁12(821)年、僧空海が全国行脚の途中、水浴びする水鳥の姿から発見したと伝えられています。
泉質は炭酸ナトリウム、マグネシウム、エマナチオンなどの単純弱放射能泉。特にラドンの含有量は九州でも有数です。

との事。

川沿いからも湯気が立ち上っている。

写りは鮮明でないけど・・・

浴槽は3つに分かれていて、低温・中温・高温となっています。
客はほとんど常連ばかり「この冷たさでゆっくり浸かっていられるとですよ」

とても冬場向きではないと思い、熱めの湯に入った後冷たい湯に浸かってみると・・・なかなか具合がよろしい。

入湯料金が3段階になっているのが不思議でしようがなかったのだが・・・
午前9時〜 ¥700
午後3時〜 ¥500
午後5時〜 ¥300   の理由が分かった。

要は入湯客の滞在時間が異常に長いのだ、、、
「2〜3時間入っていても平気、だって病院で治らなかったのがここで直るんですよ」

恐れ入りました!

熊の川浴場

佐賀県佐賀郡富士町大字上熊の川
0952-63-0021  (9:00-20:30)

脚の具合もよろしいようだし、此処から南下し佐賀の町へと向かいます。

お雛様飾り!

実はここが目的地だったりして!?

ここのメニューはいいねえ。

博多のニューオータニ地下のこの店は、最近とみに評価を落としているようですが
ここ佐賀の大観苑の評価はなかなかGood!


中でもこのフカひれスープは旨い!

実は今日のチョイスはこれ!

この和牛ステーキ以外は何皿注文してもOK。



制限時間90分なので休んじゃいられませんよ。

更にもう一度フカひれスープオーダーして、デザートタイム。

普段ならどのデザートか迷うところ・・・

今日は両方お願いします。

最後には「桃饅頭」いただいてフィニッシュ!

残念ながらこの季節限定メニュー、今月中に終わってしまうそうな。

ホテルニューオータニ佐賀
佐賀市与賀町1-2
TEL:0952-23-1111

城内の濠には多くの渡り鳥

佐賀一番の美しいたたずまいを感じさせる好立地にあります。

本日2/17

より「お雛様祭り」が始まっていて

ここ旧長崎街道沿いの

旧古賀銀行や

三省銀行跡にも展示案内がありました。

帰宅したらなんだか変!?

「もう待ちくたびれたよう」

早くちょうだいよ!

お目眼パッチリ!

さあ、宴じゃ宴!!!

何が始まったのでしょうか?