09 Jan. 2013

「唐津・有田への小さな旅」


by Yoko

福島のレポート(過ぎ去った昨春のねっ)を書こうと思っていたところ

編集長さまが「読者の年末年始レポートを」なんてお書きになるものだから

期待に応え?ちょこっと出します。


じんろくパパは唐津出身。小学5年生で福岡へ引越して来ているし

大学からは福岡を離れ、サラリーマンになってからは転勤もあり。

結婚まではずっと福岡だった私もその後は転勤にお供し・・・

なんだか根無し草のような気がすることもあるのですが・・・


っで、お墓参りで唐津へ行くこと度々。序でにどこかで食事をして帰ろうか

有田へ寄ってみようか、ということにもなります。

約20年前、お墓参りの後に「どこかでお昼を食べて帰りましょう」ということになり

私は以前から訪れてみたかった洋々閣へ行こうと思ったのですが、場所をうろ覚えどころか

全く勘違いしておりまして、さまよい歩いているうちに水野旅館へと辿り着き、生簀料理と

書いてありましたので、お昼も戴けるのではと、その建物や門の佇まいにも惹かれ入って

行ったのがご縁の始まり。我ながらよーく鼻が利いたものだと感心しますわ。

それから昼食では何度もお世話になっておりますが、お泊りは初めて! 嬉しい!

1月1日に、じんろくパパのママも一緒に泊まりました。


水野旅館へ向かう途中、鏡山に登って神社にお参り。小雨が降り寒いことといったら・・・

さあ、早く旅館にいって暖まろう。

約400年前、初代唐津藩主が名護屋城より移築した武家屋敷門をくぐり、お正月の室礼の

建屋へと進みます。


一階、海・高島を望む竹の間へと通されました。

先ずはお薄とお正月ならではの“花びら餅”を戴きます。(写真撮り忘れ)

宿の案内をみておりますと、チェックインは16時とありました。15時と思い込んでおり

15時20分頃には着いていた私たち。今年一番の「ようこ あっちゃ―」な出来事でしたわ。

仲居さんからは「お正月ですし、よろしいのですよ〜」との温かいお言葉を頂戴いたしました。

じんろくパパから持参した和菓子の催促を受け・・・

じゃじゃ〜〜んお正月らしい生菓子でございます。ピンボケですが。



お風呂に入って楽しみなお食事タイムでございます。

お節らしい前菜

とんさんなまず(殿様刺身) 説明をよく読むように。

唐津といえば絶対これ! イカの活き作り

はぜのお出汁のお雑煮 いいお出汁でしたわ。唐津の松浦川ではぜが捕れることから

唐津では焼きはぜをお出汁に使うそうです。

伊勢海老の活き作り  豪華!

鰆の幽庵焼き

鮑の酒蒸し

佐賀牛の網焼き

かぶらあんの茶碗蒸し

牡蠣焼き

イカのてんぷら

伊勢海老の赤だし

ごはん、香の物の後は

ほうじ茶プリン。初めて戴きましたが、さっぱりとしていてよかった。

このお宿代でこんなに豪華なお献立を戴いてよいのか―と思うほど充実の内容でした。

こちらは温泉でないので(但し、麦飯石を通してありよく温まります。洋々閣もそうでした。)

温泉希望の私としては、正直なところ温泉地にするかどうか、ちょっと迷ったのですが

水野旅館にして正解でありました。


では、おやすみなさい zzzzz


朝は、唐津市旅館協同組合を中心に企画された「7色のこだわり 朝からつごはん」です。

詳しくは旅館のHPをご覧いただければと思いますが、例えばお米は唐津の棚田米だったり

お豆腐は川島のざる豆腐・・・地元の食材にこだわった献立となっています。洋々閣もしかり。

水野旅館裏手でパチリ! 小雨が降っていて寒かったですわ〜

夏に滞在するのも、日がな一日海を眺めて気持ちがよいことでしょうね。

それでは、有田へと参りましょう。

大好きな源右衛門窯のショールームは2日から営業。福袋もあり!

パパには見るだけだから〜 と云いながらも内心、気合充分!!みなぎる力だ―

福袋 

10万円 5万円 3万円 運命の分かれ道っていう番組が昔ありましたよね。

10万円売り切れ。残っているものの袋には封がしてありますが、中身は写真があるので判ります。

既に持っているのも入っていたり、欲しいものもあれば、どうでもよいものもあって・・・迷う。

気を取り直し、確実に欲しいものを買おう!

お正月だし、折角来たのだし― 重ねればそう場所取らないし―― この期間中器は15%引き!

我が家にまた二人、家族がふえました! (年賀状に写真付きで紹介したりはしないからね、器だし―)

亡き両親ともよく来ていた源右衛門窯。お庭を愛でて帰途につきました。

往きと同じ道はつまらないし、三瀬トンネル通って帰りましたが、三瀬峠だとチェーン規制中。

山間部はどこもそうですが、トンネルがあると助かりますね〜

さて、お正月は3日のお昼にラヴェンナでブイヤベースを堪能し、夜は桜坂のIMURIへ。

このところ、人間の果てしない可能性を感じています。どこまでも太れそう!

家に戻って体重計に乗ったら、やっぱり太っとったよ。 ははっ



ヨーコのおまけ

2012年12月31日 日本航空ラウンジ  東京オリンピック 再び開催なるか?


2013年1月4日 午後2時の富士山



今年もよろしくお願い申し上げます。