19  Sep. 2015

雨の9月の京都あたり」・・・・・さすさら

9月の雨といえば、太田裕美なのだ。いい歌なのだ。関係ないか。
   で、いつものオッサン4人組が集合したのが、京都は京阪五条駅。
 

ブラブラと、雨の京都を散歩していたら、珍しいポスターが。
 

10分ほど歩いたら、ここが最初の目的地。
 

六波羅蜜寺なのだ。
 

隣にはこれが。子育地蔵でさっきの幽霊子育飴なのだ。
 

ここは六道之辻。
 

ハイカラな建物は寺の事務所なのだ。
 

これがあるのだ。歴史の教科書に載っていたを覚えているのは3人。
   ただ一人だけ、覚えていないのがいたのだ。
   日本史の成績が悪いやつなのだ。
 

拝観料は600円なのだ。
   念仏を称える口から6体の阿弥陀が現れた空也上人の立像が見れるのだ。
 

中は撮影禁止なので、これを見るのだ。
 

よく読むように。
 

 

これらがすぐ近くで見れるのだ。
 

これも身を正して、読むように。
 

六波羅蜜とは、あなたの座右のために。
 

そんで、これもあるのだ。
   銭が殖えるそうな。   
 

六波羅蜜寺から10分ほど歩いたら、ここへ。
 

これも、よく読むように。
   六道の辻とはこの世とあの世の境なのだ。
 

京都のリンダさんもここは初めてなのだ。
 

そうか、冥土通いの井戸か。
 

よく読むように。
 

この小窓から覗くのだ。
 

よく撮れているのだ。
 

これも。愛嬌のある顔なのだ。
 

ふーむ!
 

 

 

 

そんで、ちょこっとしか歩いていないのだが、やっぱりビールだ。
 

はなパパは3日前にスマホにしたのだ。
   Lineの仲間入りなのだ。これで遊びの話がすぐにできるのだ。
 

二人が吸っているのは・・・
 

バンコクで買った煙草。恐ろしい写真なのだ。
   よくこんなのを吸うものだ。
 

ここですね。ほろ酔い気分で京都を散策なのだ。
 

雨は降ったり止んだり。後ろに見えるのは、分かりますね。
 

途中こんなところも。
 

 

そう、八坂の塔ですね。
 

正式には法観寺。聖徳太子が作ったのだ。
 

ここからのショットが有名なのだ。
 

幸せそうな二人。
 

どんどん京都を歩くのだ。
 

ここいらが一番好きなのだ。
 

 

すごい人手だ。雨の平日なのに。
 

清水寺。
 

音羽の滝。
 

ここから飛び降りるのは止めるのだ。
 

着物姿が多いなぁー!
 

ここでクイズだ!
   時系列で並べているのだが、今までの流れでなんかおかしいなー?ということがあるのだが、
   分かるかな。
 

帰り道には、こんなところも。
 

高台寺あたり。ここいらもいいのだ。
 

編集長はここを車で走るのだ。 恐ろしや!
 

懐かしいところなのだ。
 

 

反対側の出口。いや入り口か。
 

次はここ。円山公園の枝垂れ桜。
 

ここで丁度10000歩。
 

後ろの赤いのは何だ? 
 

本日のメーンイベントはここ。
 

がんご、を舐めてはいかんのだ。
   角倉了以、山縣有朋の別荘だったのだ。
 

庭園の向こうは。
 

加茂川にかかる床なのだ。
 

残念ながら、雨で今日は使わないのだ。
 

前菜だ。
 

乾杯!
 

鮎。
 

ラッキー!床がOKになったのだ。
 

電話の相手はあなたですよ。
 

リンダさんのスリランカ土産なのだ。
 

ありがとう。
 

宴会を終わって。
 

プチ京都の旅は楽しかったのだ。
 

お疲れ。