08 Feb. 2012

”沖縄あたり編”・・・・・さすさら

今度は沖縄だ。

4,5,6日の2泊3日で行ってきたのだ。
残念ながら、これがあったので、近畿よいよい会は欠席なのだ。

これがあったのだ。今まで関空(関西国際空港)に行くのには神戸の自宅から
      バス(200円)と阪急電車(200円)を乗りついで、
      三宮からリムジンバス(1500円)に乗っていたのだ。

 

      乗り換えの時間がかかるし、スーツケースはごろごろ引っ張っていくし、
      結構大変なのだ。
      ところがこれは自宅まで迎えに来てくれて、関空まで直行だ。
      雨でも傘もいらずに2300円なのだ。
      400円のコスト高は吹っ飛んでしまうのだ。
関空大橋だ。


途中で他人を乗せながら、8人の乗り合いで到着。
     2日前までに申し込むのだ。1人だけでも行きます、との事。



運転手は丁寧だし、便利なものだ。
     帰りももちろん、これで帰ったのだ。

関空だ。


ウエーブの屋根。


2月の大阪は寒い寒い、こんな恰好なのだ。


時間待ちで、仲間とお茶を。
     楽しい旅行が始まるのだ。


さあ、搭乗だ。と思ったら、仲間がアナウンスで呼び出し。


この人。預けた荷物をチェックだ。
     「ライターが3個入っているぞ、出してください。」と
     係員のお兄ちゃん。

   
  「そんなの入れていない、間違いだ」と、開けるのを拒否して、
     このお兄ちゃんと言い争い。
     
     困った人だ。前の旅行で入れていたのを忘れていたのだ。
     旅行の初めから、盛り上がってしまったのであった。

     
出発。


沖縄に到着。


那覇空港。
    暖かいのだ。



本土の中学生。お土産をいっぱい抱えて。



今日からこれが。


プロ野球のキャンプが。



早速、昼食。沖縄そば。



あんまり、団体客が来るところではない。


やっぱりこれだ。



お腹いっぱいだ。  




「うるか」のいわれ。



おかみさん。サインがいっぱい貼ってある。
       誰のかは知らん。


ここに来ました。


行った証拠。



料金。



意味深な木。



琉球松。葉がまっすぐではないのが分かりますか?



南国特有の植物がたくさんあるのだが。







このお兄ちゃんが説明するのだが、覚えていない。




ここから船に乗る。





おねーちゃんが見送ってくれるのだ。





岸に突っ込んで「3Dだ!」と、笑わせてくれるのだ。



このお兄ちゃん。



ヤギがいたり


水牛がいたり



これは何をやっているのか?



今回の旅のガイドさん。美樹ちゃん 40歳。



今晩のお宿はここ。


恩納村にある「沖縄かりゆしビーチリゾート」。
   沖縄本土の中央部で西海岸。那覇から車で1時間ほど。
   地図がボケているが、ネットで確認して頂戴。


大きなホテルだ。
    かりゆし、とはめでたいという意味。





夕食は焼き肉バーべキューだ。




飲んで食って、お腹いっぱい。



ロビー。





夜はショーがあるのだ。




みんな一緒に大騒ぎ。


沖縄の夜はまだまだ続くのだ…

この編も続くのだ。