21 July 2011

さすさら バンコク・チェンマイあたり編 Part2


三日目の朝。

バンコクから北の都市チェンラーイへ。
国内線だ。

待合室。

チェンラーイ空港。

小さいのだ。

古いお寺。

WATはお寺のこと。



やって来たのはメコン川上流。

対岸のカジノ

向こうはミャンマー、ラオスだ。

そうです。

麻薬生産地のトライアングルだ。

途中にこんなお寺も。

麻薬博物館。

中は撮影禁止。

建物だけ。

昼食は地元の中華屋さん。



国境です。

ミャンマーに行ってみようかと思ったが…

甘栗屋さん。

立派なお寺。



とちゅうで出会った温泉だ。

温泉卵屋さん。

美味しかった。

足湯だね。

チェンマイに到着。

夕食はわりと豪華なレストラン。

翌朝写したレストラン。

「U CHIANG MAI」ホテル。

ホテルに見えない。

小さなホテルフロント。

気持ちのいい応対だ。


現地購入のシャツで。ホテルの前。

こじんまりとしたいいホテルだったのだ。

リンダは2階だ。

我々は1階。

プールに部屋から出れるのだ。

こんな感じ。



室内も小さい。

ホテルの朝食。



カフェラッテ。

街中を走っている乗り合いバス。

12人乗り。

チェンマイの旧市街。

2km四方の城壁に囲まれているのだ。

こんな城壁がところどころに残っている。

タクシーと交渉中の女性。

ホテルのすぐ側にある古ーいお寺。

チェンマイ観光はリンダママの情報で、傘屋さん。



傘に貼る和紙だね。







ここで楽しい思い出作り。

傘の絵を書く職人さんが何にでも絵を書いてくれるのだ。
    これは編集長のポーチに。

リンダママのズボンにも。

リンダのカメラケースに。

私は携帯に。

出来上がりが素晴らしい。

リンダママのズボンの裾にも。

全て50バーツ。安い。
    もっといっぱい持っていけばよかった。

次に行ったのが、

これもリンダママの推薦。焼き物屋さん。有名なそうな。


絵付けが細かいのだ。

チェンマイを見下ろせるお寺。

    入場券を買って、エレベーターかと思ったら、ケーブルカーだ。  

  
小さい子が。

こんなお寺です。

チェンマイの街が一望に。



昼食は、日本食の食堂で。

かつ丼定食と素麺を食べたらお腹いっぱいだ。

最後の夜は有名なナイトバザール。



 


チェンマイ空港から

バンコクの座んなブーム空港へ。

    私たちはここで出国手続きで終わったのでCIQワッペンを貼っていくのだ。

    後1日バンコクを楽しむ?リンダ夫妻とはここでお別れ。

このワッペンです。

無事、福岡空港に到着。

台風は関係なし。

編集長の車で博多駅へ。

新幹線で岡山に到着。お疲れ様でした。
    4.5日の旅が1ヶ月くらい行っていたような気がしたのは、中身が濃厚だったからなのか。

今回の買い物はこれ。

お気に入りになってしまった。
    
あと、これに加えてハンモックと半そでシャツ2枚。
    
大満足。

台風で帰れなくなったリンダ夫妻の顛末は是非とも聞きたいもんだ。

以上