1 June 2011

「横浜あたり 中篇」 ・・・・・さすさら

ABEちゃんにエレガントというか、ロマンチックというか…とほめられてしまい、
舞い上がって後篇ではなく、中編にするのだ。
横浜の洋館の入場料は無料なのに、神戸の異人館は有料なのだ。
神戸はもう少し、頑張らんといかんのだ。
台風2号が来る前で、天気は今一つ。青空が見えないのが残念。
写真が映えないのだ。

次に行ったのが「三渓園」。生糸貿易で財をなした横浜の実業家 原三渓の
元邸宅。彼は、ここに京都や鎌倉から歴史的に価値のある建築物を移築し、
明治39年一般に公開した。53,000坪の園内には10棟の重要文化財を含む
17棟の古建築物が四季折々の自然の景観の中にたくみに配置されている。



本牧にある。

三重塔

明治時代の写真

鶴翔閣


大正時代の写真

邸内の地図

大正初めの御門


説明

白雲邸 

臨春閣




この石は平城京の基礎。奈良から持って来たのだ。



説明


行った証拠

秀吉が使ったそうな。

説明



説明

説明

これで三渓園はお終い。

ここで丁度雨が降って来たのだ。
ここで食事。

「みなとみらい」という新興ビル街にあるモダンなビルの1Fだ。
「グランシェール葉山庵」

店内

メニュー








おねーちゃん

バーカウンター。

夜に来たいのだ。
昼から酔ってしまった。

今度こそ後篇に続くのだ。