30 Nov. 2011

さすさら ’11/11 釜山あたり編 Part4


なかなか終わらんなぁー!この旅のアルバムの整理は。
 
現地の印象が色濃く残っているうちに、と思って焦っているのだが。
 
この釜山の旅もやっと3日目なのだ。
 
 
今日もいい天気だ。
    今日は、リンダ夫妻は朝早くからどっかに行ってしまい、
    我々オジサン2人はのんびりなのだ。
    なにをしようか、どこにいこうか、予定なし。
    気ままな旅はいいなぁー!

 

9時ごろにやっとベッドから起き出して…
   エレベーターホールにて。

 

1階には民族衣装がよく似合う、綺麗なお嬢さんが。


 

今日は地下鉄だ。異国に行ったら地元の人が使う
   交通機関を勉強して、完全マスターするのだ。

 

4号線まであるのだ。宿泊しているロッテホテルは
   「西面」駅で街の中心にあり、どこに行くにも便利なのだ。

 

切符を入れて、バーをがっちゃんと回して入る。


 

やって来たのは「海雲臺」。

 

なんかしらんが、こんなのが…


 

ビルも面白い。


 

とりあえず、珈琲だ。

 

編集長と行くと、喫茶店やらアイスクリームが多いのだ。
   基本的に私は滅多に行かないところなのだが。
   ここで、夜に備えて、簡単に朝食兼昼食だ。
   そうです。夜の予定だけ、決まっているのだ。

 

海水浴場で、高級住宅街なのだ。


 

 

指差す先は「ウエスティンホテル」。


 

これはなかなかイイね。シャワー室だ。 

 

鳥たちものんびり。


 

オブジェ。

 

ホテル内で。

 

センタムシティーの大きなショッピングセンターだ。

 

上を見上げると…


 

地下のこの店を探して、ウロウロ。


 

アイスクリームとジェラートは違うのか?
   編集長からひとくさり。

 

 

また、付き合わされたのだ。
   こんなのは普段は食べることはないのだ。

 

西面駅に戻ると、こんなのが。ここはローマか?

 

さりげなく、チェック。


 

またまたコーヒーだ。


 

ホテルの横にはいろいろな屋台が。

 

ここが評判がいいらしい。


 

揚げパンに具を詰めるのだ。


 

後ろに並んでいた娘さん二人にも買ってあげたのだ。
   大喜びしていたのだ。

 

この日は夜に備え、日中はゆっくりと過ごしたのだ。
   そうです。今夜もごちそうを食べに行くのだ。
   二人が日帰り旅行から、帰ってくるのを待って、出かけたのだ。

 

ここもにぎやかなのだ。映画村。
   韓流スターの手形が道路にいっぱいあるのだが、
   夜は、屋台で見れないのだ。

 

 

ほんで、やってきたのが焼き肉屋さん。


   

調理場。


 

ホントに地元の人だけ。


 

これです。ここのホルモンはすごいのだ。
   日本では出てこないような柔らかさなのだ

 

こんな感じ。

 

野菜もいっぱい。

 

このお母さんがいいのだ。
   店内にコーナーが4つあって、張り合っているのだ。

 

このお姉さんとコンビだ。

 

カルビも美味しい。

 

ホントにGOODだ。


 


4人とも大満足。


 

よそのコーナーも負けていないのだ。

 

この大根スープは酸っぱくて、さっぱりしていて、
   焼き肉の後に最適。

 

これで終わりかと思ったら…


 

なんと


 

海苔をあぶって。


 

出来る過程を見ているのが楽しいのだ。

 

よだれが出てきた。

 

取り分けてくれる。

 

さっきの海苔で巻いて食べるのだ。

 

 

こんな雰囲気。最高ですね。
   3日置きに通いたいですね。

 

4人で記念撮影。


 

この通りにあるが、よく分からん。

   

帰りにぶらぶら。

 

 

屋台も美味しそうだが、もう食べられないのだ。


 

帰って来たのだ。ホッとするね。


 

 

いかんなぁー!大王製紙のバカ息子を
   思い出すのだ。

 

行った証拠。バカ息子ほどは負けなかったが…
   預けておくのだ。

   

3日目の夜は長かったのだ。
 
 
続く  次で終わるのか…