30 Jul. 2010

「有朋自遠方来 不亦楽乎」

「Tomoがミラノからやって来る、温泉・グルメに伊太利亜話、また楽しからずや」 Part2

早朝より

誰かとお喋り!? どうやら流暢なイタリア語で、ミラノの友人とトーキングの様子、、、、、

これがあの噂の”Skype”、料金\0、気にする事無く、相手の表情伺いつつ、しゃべり放題っちゅうやつです。

「おーい、朝飯やぞ」 「うん、電話切るわ」 「誰や?今話してた相手は・・・」

京都伝統工芸四百年老舗のお嬢さんがSkypeで、ミラノの友とPCで”ただ電話する”、、、、、「パパんとこ、ワイアレスで助かるわ」

「凄い時代、とてもついて行けません」、、、小春ママ呆然。

ご飯ですよ!

昨日

呼子でゲットのアレです。 朝っぱらから?

ヒラメの

刺身、手前は昆布締め・・・・・そして

干物色々

ご飯お代わりして、、、「朝からいつもこんなんなの?」 「今日は特別や!」

ご馳走様、、、PCチェックしてお出掛けです。

やって来たのは湯布院、昨日は雨だったので一日順延したのだけれど・・・・・

由布岳は?

頂雲の中。

先ずは温泉!

「何や、しょぼくれた顔してるやんけ」 「車の中でずーっと寝てたやろ?」

お日様出てますが、未だお山は雲に隠れています。

昨日は海の湯、今日のは編集長一押しの由布院の湯、、、、、「梅園」!

次第に晴れ間が広がって来て・・・・・

陽光眩しくなってきたので、屋根付きへと移動・・・・・

内湯は半露天、体を優しく包んでくれるざぶざぶ掛け流しの贅沢湯ですがな。

「あー、いいお湯やったあ!」 「美人湯の効き目あったんか?」 「わからへんわあ」

「せっかくやけん梅園も見とかな」

湯上りの火照った体休めんとばかり、高台へと登ってゆきます。

パラグライダーの離陸地点ですが、、、「怖いでえ、すぐそこ崖やろ?」 「やけん見晴らしは抜群やろうが」

ゆうすげです

野あざみ?

「きれいな景色やなあ、いいなあ九州は、空気が美味しいわあ」

「お昼は軽〜く、蕎麦くらいにしとくか?」 「まだまだ入らへん、お昼抜きでいいわあ」

ならばそうしよ、、、

ここの

Tan’s Bar

「いい雰囲気なんやあ〜」

そう、ウェスタン・エレクトリックの劇場用スピーカーからのサウンドは此処ならではの”音の豊かさ”感じさせてくれます。

云うまでもありませんが、ここのロール・ケーキ、大阪堂島ロールケーキのブレイク以前より、Tan’s Bar定番です。

「何やその堂島って?」 「京都に生まれ育ってて知らんのか、堂島ホテル発祥のロールケーキ」

「めっちゃ美味しいなあ、和菓子は駄目なんやけど、ケーキはいけるわあ」

「無量塔、気に入ったわあ」

こちらは”金鱗湖”

ウィークデイだというのに、多くの観光客で賑わっているようです。

「ここの紅葉は素晴らしいんやろうなあ」

「湯布院御三家の雄も見とかないかん」

「ファッションで成功したら此処貸切で泊まったらええ」 「そんなんいつの事やら、わからんわあ」

湯布院

堪能して我が家へと戻って来ました。

「Tomoちゃんどうでした?」 「凄い、いいお湯でした、楽しかったあ」 「そう、良かったね!」

小春ママの

レッスンの様子、少しばかり見せてもらって、、、

大喜び!

お昼抜きだったのでお腹はグーグー、、、

此処は

”ラヴェンナ” 22周年記念の夏メニュー(季節限定 ¥5000 092−524−8554 予約必須)をチョイス。

スタートは

冷製わさびのパスタ 水イカのタルタル添え

Tomo

よほどお腹空いてたと見え、一気にパクパク 「まあ、いい食べっぷりだこと!」

これは、、、鯛とイワシのガレット

パンに

乗っけて喰うと、バルサミコと魚の香りが絡み合って 「唸っとる!」

完熟トマトの

ゼリー バジリコソース ここまでで既に2度、パンのお代わり

出たあ!

この時期ならでは ガスパチョ、、、野菜ふんだんに使用された冷製スープ

美味そう!

その通り!、、、博多長茄子のリゾット これは喰った者でないと食感伝えにくいなあ・・・

メインは

イサキと手長海老のソテー パッション・ソース いつも納得の主膳、、、これに行き着くまで、シェフの苦悩!?伺われますなあ。

Oh!

イチゴのババロア フルーツ&チョコ・ムース 最終局面バシっと締めてもらって・・・・・

大満足!

「ご馳走様でした」

今日は早く寝るぞ!!!