12 Oct. 2015

北アルプス探訪②―上高地から徳澤へ


2日目、上高地温泉ホテルから河童橋、明神池を経て徳澤までの行程。 翌日が相当ハードなので英気を養いながら、ゆっくりペースで歩くのだ。  まずはウエストンさんにご挨拶。 徳澤までは、標高差55m、距離8kmをこんな調子で歩きます。  振り返れば、焼岳  河童橋が見えてくると、そこは上高地銀座  今日も絶好の天気で快調。 河童橋から見る岳沢と穂高連峰。 奥穂にちぎれ雲がかかっているのがベストショット。 後ろは焼岳  奥穂高岳から右側に伸びるのは前穂高に続く吊り尾根。  ここから、梓川右岸を通って明神池まで行くのですが、左岸は人の往来が激しいので 多少時間はかかるがこちら側がベター。このあたりは岳沢湿原です。


明神まで続く木道が心地よい。  明神橋が見えてきた。  雲助池ポチャ事件の穂高神社奥宮。 菊の紋章なのだ。  こちらは二ノ池。雲助が入水したのはこちらではなく、一ノ池。 雲助池ポチャ顛末はさすさらレポートで詳しく伝えられているので、ほとんど省略 と言いたいところだが、別の角度からの写真があるので、出しましょう。 神主さんが船を漕ぎ出し  回収しているところ  無事回収  反省会場の嘉門次小屋 ウェストン夫妻と嘉門次さん  イワナは炭火で焼くのだ。富山の庄川で食べてアユもこのようにして焼いていたのを思い出しました。  穂高神社のお札を頂いて、何とか雲助が回復するように祈りながら出発。奥の峰は明神岳第5峰  朝焼けの宿、明神館の前が参道入り口。 


秋です。なんという木か知らないが赤い実がたわわになっている。 徳澤への道。明神岳の全容が見えてくる。  明神岳の奥には北穂高が姿を現す。  ここは古池。水面が穏やかなのだ。  このあたりからは遠くに常念岳が見える。  間もなく徳澤   ここにある徳澤園が今宵の宿。  一番風呂に入って、くつろぎタイム。 いか天大王だ。  編集長が雲助をドライヤーで乾かして、復旧を図っているころ、我々二人はキャンプ場でのんびり・・・ 明神岳、前穂高、北穂高が美しい。 ここで、修猷館の先輩に遭遇したのだ。 ここからの数枚の写真は涸沢を往復した翌日の早朝に撮影したもの。さすさらと編集長は 白川夜船だったのだ。 明神岳、北穂高の朝焼けです。 まだまだ続くのだ・・・・