5/11 2007掲載

ドイツ紀行                       手打ち庵


ドレスデン編

 

ドイツの西の端でベルギーとの国境に近いデュッセルドルフから真東に1時間半プロペラ機で飛んで、
チェコとポーランドとの国境に近いドイツ東の端ドレスデンへやってきました。ここからプラハまで
は約
100kmしかありません。車で1時間もあれば行ける距離です。

写真はありませんが、ドレスデン空港は実に近代的です。

ここから旧市街地にあるヒルトンホテルまで電車でも行けるのですが、荷物がありましたのでタクシー
を拾いました。タクシーはもちろんベンツですが、パワーウインドウのないタクシー仕様車です。

学会の会場となるヒルトンホテルは聖母教会フラウエンキルヒェのまん前です。ホテルにチェックイン
して、夕食までの時間、散歩に出かけました。ホテルの玄関を出たところにフラウエンキルヒェが聳え
ています。


広場を半周して見る正面からのフラウエンキルヒェです。前にはマルチン・ルターの銅像が立っています。


ドレスデンの町は第2次世界大戦末期、1945213/14日の2日間、英米連合軍の空爆で徹底的に破壊さ
れ、ほとんどの建物が廃墟となりました。このフラウエンキルヒェは昨年修復が完成し、このような創建当
時の姿を見ること出来るようになりました。

教会の中でこの黒ずんだ一角がv.Kさん提供の写真にあった、修復以前のフラウエンキルヒェです。



そして、破壊された壁の一部が前の広場にこのように展示されています。左上に貼り付けてある教会の図面の黒
く抜けた部分の壁だったものです。





再びフラウエンキルヒェの全貌と周囲の風景です。


すぐ脇ではまだこのように未修復の建物跡が残されており、現在も修復作業が続いています。作業現場にはこのように
第一次世界大戦以前のドレスデンの写真が掲げられていました。聖母教会の隣の博物館でトーキー映画をやっているよ
うです。



まだ修復されていない建物の一角に、破壊されずに残った女性の像がありました。


ここはフラウエンキルヒェ前のカフェ。比較的寒い夕暮れ時でもこのように外でビールを飲んでいます。ドイツの人は、
あまりつまみを食べずにビールだけを飲むようです。まるで、喫茶店でコーヒーを飲むように・・・

 

さて、フラウエンキルヒェから再びヒルトンホテルの前を戻り、アウグストゥス・シュトラーセを行くとその左側には、
ザクセン王国を支配した王族の君主たちが描かれた長壁「フェルステンツーク」(君主達の行進)があります。
102m
にわたるマイセン磁器タイルに描かれた壁画でそれまでのスグラットフィート画から
1906年に転写され今日までそのま
まの姿で残っています。したがって、ここは第
2次世界大戦における破壊を逃れているわけです。







その裏側は選帝侯の厩中庭で「ランガーガング」と呼ばれる長い廊下があります。



そして、この厩中庭をエルベ川方面に出たところが、宮殿広場シュロス・プラッツです。

ここから見える塔は宮廷教会ホーフキルヒェです。





塔があまり高いので、一枚の写真に入りきりませんでしたので、塔だけを拡大しました。

この教会の前をぐるっと回って後ろ側の劇場広場テアター・プラッツに出、そこから見たホーフキルヒェです。
 なお、右側の塔と建物は宮殿レジデンツシュロスと塔ハウスマンス・トゥルムです。



ここで、後ろを振り返ると、ザクセン王ヨハンの騎馬像を挟んで、オペラ座ゼンパーオパーであります。







音楽の都ドレスデンには、1670年頃には既に、現在とほぼ同じ場所にオペラ座があったそうです。それは、当時アルプス
以北では最初の歌劇場であったそうで、その後火災等で再建された後、やはり
1945年の空襲で完全に破壊され、戦後40
をかけて今日のように再建されました。内装は新しくなりましたが、外見はほぼ忠実に原型どおりに再現したとのことです。

 

ゼンパーオペラ劇場については、v.Kさんの著書「ドレスデンの落日と復活」
に一章を割いて詳しく記述されていますので、そちらでご確認頂くとよろしいかと思います。

ここは、広場テアータープラッツの東側にある宮殿レジデンツシュロスです。1530年の起工で、1960年代に改装され
ています。


大勢の人が並んでいるのは、この宮殿の中にある宝物室を見るためです。今回は残念ながら時間がなく見ることができませ
んでしたが、ザクセン王が収集したヨーロッパ屈指の工芸品が展示されているとのことです。

そして、レジデンシュロス前を通る電車。


ここもレジデンツシュロスの建物。


これは観光馬車、世界中どこでも良く見かけますよね。


そして、大道芸人。 銅像ではありません。


手に持っている容器にお金を入れてもらうのです。

 

広場テアータープラッツの南西側にはツヴィンガー宮殿があります。


チューリップが咲き乱れる広場側からの門をくぐって中庭に入ると正面には王冠の門があります。




宮殿内のこの建物には、「ゲメルデ・ギャラリー、アルテマイスター」と呼ばれる画廊があります。



さすがにこれを見逃す手はないと、あまり時間がありませんでしたが、駆け足で見ました。所蔵の絵画で最も有名なのは
ラファエロの「サン・シストの聖母」です。
1754年にアウグスト3世が大金で購入したとのことです。


また、レンブラントもありましたし、地元の画家が描いたドレスデンの風景も多く展示されています。


これは、v.Kさんの本にも掲載されていますツヴィンガー宮殿の柱に施された装飾で旧約聖書外典に由来する物語を描いた
「敵将ホロフェルネスの生首を持つユディット」です。

 


さて、広場テアータープラッツ、そして隣接するシュロスプラッツから北へ行くとエルベ川に架かるアウグストゥス橋です。
これは、橋の中ほどから見る旧市街です。展望テラス「ブリュールシェ・テラッセ」の向こう側に聖母教会フラウエンキル
ヒェが見えます。




な、な、なんと、なぜか橋の半ばには、北斎の富岳三十六景の一部を切り出した看板があるではありませんか? 
どんな意味があるのかは不明 

 


ここは、さきほどアウグストゥス橋から見た「プリュールシェ・テラッセ」です。



右にエルベ川、正面に宮廷教会ホーフキルヒェとゼンパーオペラ劇場が見えます。

ゲーテはこの展望テラスを「ヨーロッパのバルコニー」と褒め称えています。

この建物はプリュールシェ・テラッセにある旧王室アカデミーでその切妻にはミケランジェロやレオナルドの名が掲げられています。







 


このあたり、つまり旧市街にある主な教会で聖母教会フラウエンキルヒェ、それに宮廷教会ホーフキルヒェを既に紹介しましたが、
近くにもう一つの教会があります。その名は、クロイツキルヒェ、つまり十字架教会です。フラウエンキルヒェの南側のアルトマ
ルク広場前にあって、
1878年まではフラウエンキルヒェの母堂であったとのことです。幸いにも第二次大戦の戦火を逃れ、途中で
大幅な改修があったものの、
176492年に建造された姿を残しています。

 


夕闇迫る頃、といってもこの時期夏時間のため、午後
7時頃漸く陽が西に傾き、ドレスデンの町が夕日に照らされ始め、見事な
輝きを見せ始めます。




夕日に輝くエルベ川対岸です。




そして、夜の帳も下りて、ライトアップされた建物は一段と美しいシルエットとなります。

 


さて、学会の合間に駆け足でドレスデン旧市街を観光し、レポートしましたが、とりあえず、ドレスデンはこのくらいにして、
次回は歌華人こと、てんちゃんが歩き回ったケルンやアーヘンのレポートをお送りします。

 


てんちゃんのライン川流域編を始める前に、少しばかりドレスデンを紹介し忘れていることがありますので、
ここで触れることにします。
まず、ドレスデンの建物の修復の方法です。この2枚の写真のように、壊れ
た建物を元通りにしているわけですが、黒っぽいところは破壊されても元から残っていた箇所であり、白っぽ
い部分が新しく作られて建物全体が修復されています。ですからほとんどの建造物はこのように、まるでパッ
チワークのようになっていますが、あまり違和感が無く、不思議にも全体としては統一感があるのです。



 


ドレスデンでも大いに飲みました。これは、エルベ川に浮かぶボートでのレセプションです。
学会に参加していた日本からの委員と一緒です。 
夕食のときくらいはドイツなまりの英語を聞きながらよりも日本語で会話する方が消化にいいですからね。

 


v.K
さんが昔の東ドイツ時代のドレスデンの食料事情を伝言板に書いていましたが、スーパーに行ってみると、
沢山の新鮮な食料品であふれかえっています。特に果物は豊富で、しかも大変安く、日本のスーパーは比べも
のになりません。オレンジやメロンなどほとんどの果物はkg単位で売られています。だいたい1kg2〜3
ユーロですからかなり割安です。
これは、ビールの棚。沢山の種類のビールが壁面いっぱいに並んでいました。
安いものは
0.55ユーロですから、0.79ユーロの水よりも安い。


こちらは、
1825年創業のバウムクーヘンの店、クルツカムです。ミュンヘンとここドレスデンだけにしかなく、
お土産にバウムクーヘンを買って帰りました。とても素朴な味で、これが昔ながらの伝統的なバウムクーヘン
かと認識を新たにしました。 

 


ドレスデンに向かう手打ち庵をデュッセルドルフの空港まで送ったあと、てんちゃんはデュッセルドルフ観光に出かけました。

最初に来たところは、デュッセルドルフ市郊外にあるベンラート城です。18世紀に造られた後期バロック様式のお城ということ。
 美しいピンクのお城のほかにも広大な庭園があります。 







 


デュッセルドルフから30kmほど南へライン川を遡ると、ケルンがあります。ケルンといえば大聖堂。それにフランス語で
「ケルンの水」という「オー・デ・コロン」の発祥の地です。
ケルンには電車で行きましたが、メットマンの駅の近くの
町並みです。 




そして、世界遺産「ケルンの大聖堂」です。




この大聖堂は高さ
157mのツインタワーで、ドイツ最大のゴシック教会です。創建は13世紀ですが、完成したのは19世紀になってから。
実に
600年もの間造り続けたことになります。 見事な内陣のステンドグラス






そして前に立つとその大きさが分かりますね。まったく上部は写っていない。


 


この大聖堂は9世紀にカール大帝が、ローマ式湯治場があったところに築いた礼拝堂で。数世紀にわたって増築を重ね、
ために時代毎の様式が混在しています。
湯治場があったところということは? そーなのです。アーヘンはドイツ
有数の温泉保養地。高級リゾートから日帰り温泉まであるということで、編集長が行ったらまずは温泉巡りでしょう。 

この建物は廃墟になっていた宮殿を14世紀に市民がゴシック様式で再建、その後17世紀にバロック様式で改築が加えら
れ、ゴシック・バロック様式というそうです。ちなみに市庁舎です。 


これはアーヘン石畳の通り。 


そして通りにはこのようなオブジェがあります。

 


ケルンから南へ電車で20分弱のところには、これまた世界遺産「ブリュールのアウグストゥスブルグ宮殿」あります。








この宮殿は18世紀に建てられた元選帝侯の城で、現在でも国賓の応接の場として使われているそうです。

 

デュッセルドルフからすぐ東、メットマンの南側は刃物で有名なゾーリンゲンです。そのゾーリンゲンの町外れの南の丘の上に
騎士の城「
Schloss Berg」があります。この城は12世紀、十字軍の頃、最初に造られ、その後何度も再建されては、戦禍で
破壊されたり、あるいは火災にあったりして、現存するものは
19世紀末に再建された建物です。








城の塔から見る周辺の町並です。ちょうどりんごの花が真っ盛りです。




こちらはデュッセルドルフから北東にいったところにある町エッセンの公園グルガパークです。グルガパークはドイツの都市公園の中で
最も大きく美しい公園といわれています。

ちょうど桜も咲いていました。




そして、花をもう一つ。 ドレスデンのライラックです。 

 


学会も終わってドレスデンから手打ち庵がデュッセルドルフに戻ってまいりました。

これは、デュッセルドルフのライン川沿いにある教会です。 ドレスデンの古い教会と比べるとその違いがよくわかります。


ライン川沿いにあるカフェ  


デュッセルドルフの美しい町並み  


そして、この日は金曜日。 夕方にもなるとあちこちの立ち飲み屋で大勢の老若男女がビールのジョッキを傾け始めます。 


我々もお腹がすいてきました。 夕食はデュッセルドルフでも飛びきり有名な「ツム・シフヒェン」です。
このレストランは創業
1628年といいますから、寛永年間。現在の建物は18世紀末のものだそうで、1811年にはナポレオンが訪れています。


骨付き豚肉の煮込み、


 
それに、この時期にしか味わえないホワイトアスパラが美味しかった。

 

一週間のドイツの旅も終わりに近づき、翌朝にはフランクフルト経由でワルシャワ、モスクワ上空を経て、シベリア上空から
ゴビ砂漠の上を飛んで、関西空港に戻ってきました。アンナとさくらに再会であります。




今回始めてドイツへ行き、ほんの一部だけ旅してきましたが、ドイツの町並みの美しさをとても感じました。
観光案内書を見ていると、今回私たちが訪れた処の数十倍ものすばらしい場所があり、古城めぐりやローレ
ライなど行ってみたいところが満載のドイツです。