9/16 2008掲載

スコットランド・イングランド紀行 ―前編    手打ち庵

 

イギリスを車で旅をしようと思い立ったのは、元竹中工務店に勤めておられた山口信吾さんという方の書かれた

「定年後はイギリスでリンクスゴルフを愉しもう」という本を読んだのがきっかけでした。

しかしながら、リンクスゴルフは将来の愉しみにとっておくことにして、まずは夫婦二人のスコットランド&

イングランドの旅を楽しむことにしました。

 

今年で廃止になるという関空発ロンドン行きのJALで出発です。  

機内では、最新版のインディージョーンズ「クリスタル・スカル」を見ながら、12時間の空の旅です。  

 

ロンドンでエディンバラ行きのブリティッシュ・ミッドランド航空(BMI)に乗り継ぎます。

BMIも加盟しているスターアライアンスのラウンジで時間待ち。  

 

夕刻、エディンバラに到着、タクシーでホテルに入り、外を見ると窓からは北海につながるフォース湾を望むこ

とが出来ます。   

 

翌日は、エディンバラ市内の観光です。エディンバラはスコットランドの首都とはいえ、比較的小さな町ですので、

主な観光スポットがある旧市街は徒歩で観光することが可能です。
THさんも晩秋の様子をレポートされていました。

まずはホテルの前で・・・ここは、エディンバラ旧市街の北東に位置するロイヤルテラスです。向こうに見える塔

は名も無い教会。 

 

まずは、ホテルの裏手にあるカールトン・ヒルに登ります。ここにはネルソン記念塔とギリシャ神殿風のナポレオン

戦争戦没者記念建造物があります。パルテノンを模して作られたそうですが、資金難で未完とのこと。 

 

丘から見える旧市街とエディンバラ城   

 

こちらは、ホーリルード宮殿。12世紀に修道院として建立されて後、スコットランドの宮殿となって、メアリー女王

の悲劇の舞台となり、現在は英国王室のスコットランドにおける公邸として使われています。  

 

こちらは北の方向で新市街、町の向こうにはフォース湾が見えます。 

 

丘を降りて、旧市街に入ると、エディンバラNo.1のバルモラルホテルがあります。 

 

これは、ワーテルローの戦いで有名なウェリントン像  

 

バルモラルホテルの前です。 THさん親子はここに泊まられました。 高かったろなー 

 

ホテルの前の通りを過ぎると文豪スコットの記念塔です。ゴシック様式です。  

 

スコットランドの正装をしてバグパイプの演奏をする大道芸人  

 

塔の下には、リビングストンの像がありました。 

 

夏の終わりとはいえまだ美しい花が咲いています。 

 

こちらはアジサイ 

 

丘の上のエディンバラ城に続く、建物  

 

そしてエディンバラ城  

 

スコッチウィスキー・ヘリテージセンターとトロン教会  

 

エディンバラ城 大手前広場です。   

 

8月一杯エディンバラ・フェスティヴァルが開催されていたということで、この広場には観覧席が設けられていました。  

 

門前の衛兵用の小屋です   

 

城はこのように岩の上に直接建てられています。   

 

そして、テラスには大砲がずらりと・・・  

 

音楽を聴いているのではありません。 オーディオガイドです。 もちろん日本語  

イギリスの主な観光スポットでは全てこのように日本語の詳しいオーディオガイドを聞くことが出来ますので、ツアー

ガイドは必要ありません。  

 

ここは城内にある犬の墓地、いわゆるポチのボチ。 戦場で友となった勇敢な犬達が葬られています。 

 

城から見る市街地、大砲はこちらを向いています。  

 

このとてつもなくでかい大砲はモンズ・メグといって1457年に作られたものとか。 

砲弾はこれ、この砲弾を2.4km飛ばしたが、1681年に撃ったときに破裂してその後使えなくなったということです。  

 

城内の大広間では、騎士が説明をしていました。  

 

武器の展示も  

 

この紋章、プジョーか?。  

 

城を出て、東に向うと、ロイヤル・マイルといわれる通りがあります。

右手にはセント・ジェイルズ大聖堂  

 

道の両側はタータンチェックのスーツの店やら、 スコッチウイスキーの店が並んでいます。

 

これは画廊  

本屋さん  

 

世界のスターバックスも様になっています。  

 

クリスマス用品店   

 

そして、ロイヤル・マイルの終点には、先ほどカールトン・ヒルから見たホーリルード宮殿があります。

この時期、エリザベス女王はおいでにならないので、見学可能です。  

 

ただし、写真はこの中庭まで・・・   

 

中でエリザベス女王が叙勲のためにナイト達を謁見する部屋や、ダイニングルームを見ることが出来ます。

もちろん、メアリー女王悲劇の間も見ることができます。

 

そして、宮殿の庭園です。  

 

宮殿の横には最初に12世紀に最初に建造されたホーリルード修道院が一部朽ち果てた形で残っています。

 

これで、初日のエディンバラ観光は終わり、翌日からいよいよブリテン島南下のドライブが始まります。

 

3日目、いよいよ車でのブリテン島南下の旅の始まりです。

まずは、ウェイヴァリー駅構内にある、ヨーロッパカーの事務所に行って車を受け取りに行きます。

駅は道路も店もプラットホームも同じフロアにありますので、改札ゲートなどありません。

切符は乗ってからチェックするのでしょうね。  

 

駅構内にあるスーパーに寄って、昼食用のサンドイッチや飲み物を仕入れて行こうと立ち寄ったのですが、寿司を

見つけて、口に合わないサンドイッチよりも・・・と思ってつい買ってしまいました。

しかし、味は先日の速報のとおり・・・・です。  

 

そして、いよいよ車を借りて、スタートしたのですが、23年振りの運転という慣れないマニュアルシフトと初めての

押しボタン式パーキングブレーキとで、この坂を上がって駅構内を出るのにエンストはするは、坂の途中の発進で後

退しかけて後ろのタクシーにぶつかりそうになり、ひやひやものでした・・・

運転は直ぐに慣れて2日目あたりからは順調でしたが、カカーナビは私以上に肝を冷やしたらしく、電車で行った方が

ましだと言うし、「毎日胃薬が必要で、はなママさんが出したムンクの絵のようにげっそり痩せてしまう」などとロン

ドンに着くまで言っていました。

 

エディンバラを発って、A702という一般道路からM74という高速道路に入り、カーライルを目指します。

M・・という道路はMotorwayのことで、制限速度は時速70マイル(114km)で日本の高速道路とあまり差が無いのですが、

A・・という名の付いた一般道路は片道1車線(対面交通)では60マイル(96km)、Dual Carriagewayという片道2車線

道路では
Motorwayと同じ70マイルですので、かなり飛ばしているという印象です。おまけにランダバウトというイギリス

特有の交差点システムが慣れないとやっかいですが
1週間走っていればなんとか慣れました。 

イングランド北端に位置するカーライルまでのスコットランドの景色です。 

行けども行けども羊の放牧場だけ・・・

羊毛とウィスキーの国です。  

 

途中で弁当。例の寿司です。1パック5ポンド位ですので、味とボリュームを考えるととんでもない値段??

 

カーライルから20kmほどのところにあります。ハドリアヌス城壁を見に行きました。ほんとはもう少し大きな遺跡が残って

いる場所まで行くつもりだったのですが、雨だし、これからあと
100km近くドライブして湖水地方のアンブルサイドという町

まで行かねばならないので、近くにあるところで済ませました。あとで気がついたのですが、THさんが訪れたところはすぐ

近くだったようで、もう少し先まで行けばよかったと後悔です。

しかし、写真のように城壁の遺跡は十分見ることが出来ました。  

 

城壁跡から見るスコットランドとイングランドの国境あたりです。ローマ時代もこのように見えたのでしょうか?

 

トライアヌス城壁跡から湖水地方へと遣って参りました。あいかわらず天気はよくありません。

この地方は氷河の侵食で生まれた無数の湖が点在するところで、イギリス屈指のリゾートエリアということで、人気があるそう

ですが、我々日本人にとっては、このような自然は比較的眼にすることが多いため、私達はあまり感動しませんでした。 

 

しかしながら、荒涼たる谷あいに延々と石垣を築いて牧場としているイギリス人には感心しました。行けども行けども、このよ

うな石積みの柵があります。  

 

夕刻、本日の目的地、湖水地方アンブルサイドのホテルに到着です。ウィンダミア湖という大きな湖のほとりに建つ美しいホテルでした。 

 

少し天気もよくなってきたので、ホテルの周りを散策です。 まあ日本では十和田湖といったところでしょうか。

 

湖の見えるレストランで夕食。 

前菜のサーモン 

 

スープ

メインディッシュはシーバス

チキン

結構なお味でした。 

 

翌朝の朝食はどこでも同じイングリッシュ・ブレックファーストです。

ビュッフェスタイルですので、食べ放題ですが、種類はどこへいっても大体同じ。 

 

ホテルの玄関です。 花はどこでもこのように美しく飾ってあります。 

 

このあたりの中心の町、ウィンダミアです。  リゾート地らしくおしゃれな店が並んでいます。 

 

しかし、この日も雨模様、しかも気温は10.5度です。 早々に町の散歩は切り上げて、次の目的地ヨークに向うことにしました。

 

中学時代習ったヨークシャー地方です。羊毛の産地でしたな。 

 

ヨークへの途中、立ち寄ったKirkby Stephenというごくごく小さな町。 

 

しかしこのような小さな町にもツーリストのための観光案内所があり、近くの名所旧跡を教えてくれます。 

 

ここは肉屋 

そしてイギリス流民宿 B&B 

 

真東に向かい、ヨークに入ってきました。  

ヨークは歴史ある城塞都市で、1世紀にはローマ人によって城壁が築かれていたということです。

ヨークの名前の由来は、9世紀のバイキング王国の首都として、ヨーヴィックと呼ばれていたことによるということ。

正面が城壁の門です。  

 

今宵の宿、城壁内にあるホテルに到着です。 ここはTHさんに教えていただきました。

 

すぐ前にイギリス最大のゴシック大聖堂、ヨーク・ミンスターがあります。

部屋の窓からはミンスターを望むことが出来、30分おきに時を告げる鐘の音が聞こえてきました。

 

翌日は、車を置いて、終日ヨークの町を見て回ります。もちろん歩き・・・