23 Sep. 2015

西の風景(水の都 大阪)・・・byはなママ&はなパパ

 

少し前ですが、9月5日、高校の同窓会近畿支部のイベントに参加してまいりました。

関東、東北では台風、豪雨の被害があり、水の都の投稿はちょっとひかえてましたが、

被害に遭われた方々へお見舞い申し上げます。

 

天満橋の「はちけんや」に集合、ここは古く大川を通行する船へ、常夜灯が設置されています。

集合前の写真、総勢50名ほど。バスの定員がありましたので。

はなママと娘も参加。

大阪市周辺は、水の被害は他人事ではなく、古くは(おそらく仁徳天皇の時代)から、

大阪城がある上町台地を中心に、北は琵琶湖から来る淀川水系、南は奈良から来る大和川水系、

そして西は大阪湾、それ以外に上町台地の東側は

南北に潟州があったのです。そこで、水の都大阪。

という地形の説明はこれくらいにして、水陸両用バスで街を走り、川へ飛び込むツアーです。

 

まずはバスで天満橋から淀屋橋へ、ガイドさんが、「皆さんは景色を見ているんじゃなくて、

外から見られているんですよ。見世物ですよ。」

これは大阪府警本部。

遠くに大阪城が見える。見える?

ここから川へ入ります。春は桜見物で有名な桜ノ宮公園に侵入路があるのです。

バスは運転手、船は船長、ということで運転手が替わります。

川へ入るよ。

これからは船からの眺め、橋桁の下も通ります。

パンフレット、こんなバス・船です。

楽しんでますね。

も少し眺めを。

今年の幹事さんは頑張っている、自分たちは船に乗らないで、集合場所から

手を振って、写真も撮っている。

帝国ホテル前が戻る場所、この豪華そうな船は帝国ホテルから出ている。

仕上げは、いつものパーティ、そこから大阪の街の眺め。

他愛もない投稿でしたが、結構皆さんで楽しみました。

では、はなママと娘が、またお会いしましょう。