10/6 2008掲載

ミュンヘン散策/ヴィクチュアリエン市場

 

ゼンドリンク門はミュンヘン市の南に開く門。

昔バイエルン王国軍も、商人達も、あるいは「イタリア紀行」を記したゲーテもこの門を出

で、アルプスを越えて、イタリアに向かったことでしょう。

この門を入って真っ直ぐ行くと、市庁舎のあるマリエン広場に来ますが、、、

 

その少し手前を右に曲がると、そこがヴィクチュアリエン広場です。

数百年にわたり、ミュンヘンの台所兼惣菜置き場だったところ。都心にあるのでビルに囲まれ

ています。広さは野球場が一つ出来るくらい。

 

銅版画など見ると、昔ここは食糧を買い出しに来る人で溢れていた。

でも今は緑陰の下で気持ち良く、軽い食事を楽しむところとして有名です。

 

そして飲むところ!

これが楽しくてミュンヘンっ子も観光客も、大勢やって来ます。

 

緑陰を造っている樹木はカスタニエン(マロニエ)です。写真左上隅にヤツデに似た葉の形が確

認できるので、それと判ります。秋には栗に似た実が、足下にゴロゴロ転がっていることでしょう。

ここヴィクトリアン・マーケットにウェイトレスはいません。まず空いた席(ベンチという)を確保し、ビ

ール、食べ物はそれぞれの売り場に出かけて行って、買ってきます。

 

食べ物を調達に行きました。

「地中海特産品」って、美味しそうだわ。

スペシャルティ()に相当するスペチアリテーテンには、特産品、郷土料理の意味があります。

一流レストランでは、その店が自信を持って出す料理のことも言います。

 

魚介類がどっさり。左列手前から奥にイカゲソと二枚貝のワイン酢・オリーブオイル漬け(美味しかった

です。下記注
)、イカの中に詰め物、エビサラダ、たこサラダ。

中央手前から奥にイカゲソと貝のペペロニ(唐辛子)ピリ辛味、イカピリ辛味中に詰め物、エビのペペ

ロニ、エビのカクテルソース。

右列手前二つはイワシの酢漬けとペペロニ味、奥は小ガニのようだ。

お値段は100グラム 2.6ユーロ(約440円)。内陸に運んだせいか、生ハムより高いようだ。

 

() 値段を確認するために画像を拡大して左手前の赤いラベルを読むと、面白いことが書いてあります。

:<スリミ(surimi カニ風味魚肉蛋白質)入り>というのは、イカにもカニの足様に見え、実体はかまぼ

この、あれかな?
:<原産国イタリア>と表示してあります。

 

左はアーティチョーク(朝鮮アザミ)。普段食べる機会もないので、食べてみました。

ソフトボール大になったつぼみの、芯の部分だけを取り出して茹で、オリーブオイル、ワイン酢、ハーブで味付

けしたもの。 ふむふむ、こんな味か。

 

右はキノコの胴部分を取り除き、中にモッツァレラチーズを詰めたもの。どちらも100グラム約250円。その他

オリーブの実とチーズ、ミニトマトとチーズ、パプリカとチーズなど。

 

あちらに見えるのはシーフード専門ファストフード・チェーン店、ノルトゼー(北海)。

ヒラメのフライが美味しい。

 

寿司も置いている。カリフォルニア・ロールが見える。

 

今食べているのは、プルーンのトルテというには大雑把すぎる、プルーンのパイ。甘酸っぱいです。

 

戯れにM.v.K.とサングラスを交換したら、、、手塚治虫になった!

 

空を見上げればメイポール。カスタニエンの梢の向こうには、教会の塔。

 

「福岡女学院の学園祭に行ったら、メイポール・ダンスっていうとがあるげなじぇ。知っとうや」というのは、修猷

館の頃の話。

 

これがそのメイ・ポール。少女たちが交互に青と白の長い布を持ってポールの周囲を回りながら踊ると、このよ

うに青と白のメイ・ポールが出来る。そうです、これぞバイエルンの、BMWの青と白。

 

果物屋さん。輸入果物が溢れている。昔はドイツの果物しかなかった。EUになった成果の一つだなと実感します。

写真手前のマンゴーはタイ産、ドラゴンフルーツはベトナム産。

棚の上前列左から2番目は梨、日本産。 Nashi と表記してある。こちらにもいわゆる西洋梨はあるが、それ

とは区別してあるようだ。

梨の右2番目隣は龍眼(フィリピン産)。左端奥ミニパイナップルはガーナ産と原産国多彩です。

 

写真手前、ふきのようなもの、これはラバーバです。ルバーブとも言う。野菜のようだが、果物店で売っている。皮を

むいて砂糖を入れて煮ると、美味しいラバーバ・ジャムが出来ます。柔らかめに作ればヨーグルト・ソースにもなるし、

生クリームをかけて食べても美味しい。マリアの大好物。

 

失敗談があります。デパ地下でラバーバ・ジャムをみつけ、帰国時瓶が割れたらいけないからと、リュックザックに入

れて飛行機に乗ろうとしたところ、X線透視装置で見つかり、
100ml以上の液体は機内持ち込み禁止だからと、没収されました。

 

マリアが思わず

「ええーっ、シャーデ!(残念、もったいない)」と叫んだので、係官が気勢に押され、つい、「すみません」と小声で

返事してしまいました。本当は
「ええーっ、シャイセ!(このクソッ)」と叫んだのではなかったか?

 

「シャイセッ!!!」

ふふっ  つかうわよね。

パパは嫌な顔するけどさっ。 (ほんとうはお上品な ふふふっ)

 

 

> 皮をむいて砂糖を入れて煮ると、美味しいラバーバ・ジャムが出来ます。

 

ラバーバの皮はむかずに煮るのが美味しいの。自分で料理してから言ってくださいね。 プン。  (マリエン広場のマリア像)

 

そういうわけでがっかりしていると、先日福岡市内某所でラバーバ・ジャムをみつけました。フランス製です。あるだけ全部買いました。

ルバーベとも言うでしょうね。

 

手打ち庵ご夫妻が、グレートブリテン島南下の旅レポートを始められて、伝言板が華やかになりました。ライヴはやっぱりリアルだなあ。

ドイッチュラント・レポート、果物の次はぐっと泥臭く、野菜を紹介します。

 

画面向かって左手下方のサトイモみたいなのは、根セロリだそうです。(マリアが知ったかぶりしていい加減に書くなと) シチュー

などに入れ、味を出すんだそうです。

 

その二つ右、赤紫色の丸いのは赤ビート。その右、大きなつぼみ様のはアーティチョーク(朝鮮アザミ)。外側のガクは除き、芯を

食べる。

 

左上方にかぼちゃ。その右やや下方、画面ほぼ中央にあるオレンジ色の野菜はオレンジ・ホッカイドーというカボチャ。

スープにすると美味しい。

 

オレンジ・ホッカイドーの上に見える白い球はカリフラワー。こちらではつけ合わせではなく、皿に茹でられた大きな球が一個出てきます。

溶けたチーズやハムが乗せられ、ハーブの入ったクリームソースがかかっている。

昔いた研究所の昼食でよく出てきた。

 

フルーツと異なり、このマルクトで売られている野菜は、たいてい国産(ドイツ産)です。

 

待っていましたお野菜編

どれも珍しく美味しそうです。

 

> その二つ右、赤紫色の丸いのは赤ビート。その右、大きなつぼみ様のは

> アーティチョーク(朝鮮アザミ)。外側のガクは除き、芯を食べる。

 

赤いビートの冷製スープ、ブリストルのホテルでいただきました。

綺麗なのですがお味は???

お漬物にして食べた方が美味しそう  (らんらん)

 

暗い赤紫色のビートがこんな明るいピンキーになるとは、生クリームじゃない? だったら生クリーム入れすぎかもね。

 

手打ち庵ご夫妻が湖水地方アンブルサイドのレストランで取られた、夕食のスープを思い出してください。あれはパンプキンスープかな? 
あれくらいの器に入れたビートの冷製スープに、スプーンで表面に模様が描ける程度に生クリームを注ぎ、食べると(英語でスープは
「食べる」なんですって!)きっと美味しいです。

 

あるいはスライスか千切りにして、サラダに入れて食べます。甘みがあって美味しいです。ランランちゃんのおうちから歩いて5分のボンラ
パスに、ビートの缶詰を売っていると思います。

 

これがオレンジ・ホッカイドー。確かにこのカボチャスープは美味しかった。

 

なぜこれがホッカイドーなのか知らないが、ドイツと北海道は縁が深いようです。昔三菱ギャランがサッポロというブランドで売られていました。

サッポロ通りというのもあります。

 

  ♭♪ 知っていますか知ってるかい  世界のビールの名産地♪

   ミュンヘン・サッポロ・ミルウォーキー♪

   うまいビールの合い言葉ぁ♪♪

  ミューンヘン! サッポロ、サッポロ、ミィルウォオキィー♪♪

 

http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=73884

 

1959年(昭和34年)〜1960年(昭和35年)なんですねぇ。まだ小学生か。

CMはアニメで、ドイツ人日本人アメリカ人が仲良くビールを飲んでいる。その日本人が当時ご成婚されたばかりの明仁親王に似ているの
は不敬じゃないかと、そんな議論が本気かどうか知らないが、新聞に載っていたのを覚えています。

 

ドイツの寿司はどうかわかりませんが、スコットランドの寿司はひどかった。ドライブの途中の昼食用にとエジンバラの駅の構内にあるスーパー
で見つけた寿司ですが、見た目は同じでも、具材と味はまったく別物でした。  (手打ち庵)

あったあった、ホワイト・アスパラガス。これを逃してなるものか。シーズンも終わりに近いこの日、これを求めてこのマルクトに来たんだから。

どうせなら一番太いのを買おう。1キロ 2000円くらいです。

 

マンションに持って帰り、皮ではないけど、外側の堅い部分を剥きます。勿体ないなど思わず、多めに剥いだ方が柔らかく食べられる。
そして茹でる。結構時間がかかった。

 

ホワイトアスパラにはオランダソースをかけて食べるのが定番です。ソース・ホランディーズは料理をされる方には基本ソースの一つでしょうが、
簡単に言うとバターと卵黄に、レモン汁、ヨーグルト、白ワインなどを加えて作るんだそうです。今回は手抜きも手抜き、マヨネーズ(チューブ
入り!)かけて、イタリア産生ハムを添えて食べました。それでも実に美味かった。ワインを買い忘れたが、ビールで十分旨かったなあ。

 

うーん、ミュンヘンに来て良かった! これが目的の一つだったから。

 

> v.Kさん、昨年の4月にドイツに行った時はデュッセルドルフでホワイトアスパラ、食べました。うまかったですな〜。 (手打ち庵)

 

ホワイト・アスパラガス 美味しいですよね。 

ホワイト・アスパラガスの時期には、レストランに問い合わせて

まだか、まだかと、そわそわします。

v. Kさんのように

自分で料理したことはありませんけどね、、、。ふふふ、、、。  Y.O嬢)

 

オランダソースについて調べていたら、30数年ヨーロッパに住んでいるというあるご婦人のブログで、ホワイトアスパラはフランス産よりもスイス
産よりもドイツ産が一番美味しいと書いてありました。となると、土壌が大切なのでしょうね。ワインみたいに。是非ソース・オランディーズで
お召し上がりください。

 

果物屋の写真を幾つか追加しましょう。ギリシァ産西瓜。1個3〜4kgとして、700800円くらいか。

 

ドイツのお野菜、じっくりお料理するんですね。

 

シチューなどに入れて味を出す根セロリ、外側のガクは除き芯を食べるアーティチョーク、 

スープにすると美味しいオレンジ・ホッカイドーというカボチャ、 

大きな球のまま茹でて溶けたチーズやハムを乗せ、ハーブの入ったクリームソースをかけるカリフラワ−、 

そしてバター、卵黄、レモン汁、ヨーグルト、白ワインなどを加えて作ったオランダソ−スで食べるのが本式のホワイトアスパラガスだってえ? 

美味しそう! 寒い冬も温まりそう!

 

加熱し手をかけて旨みたっぷりというのがドイツの野菜なんですね。  TH

 

そうなる理由はいくつかあります。

(1) ジャガイモが種類豊富で美味しい。いつか南ドイツ風ポテトサラダをご紹介したいです。スイスのロシュティも美味しいですね。
   そう言えばイタリアのポテトニョッキも。

(2) 冬の寒いときにはどうしてもボルシチ風の野菜が食べたくなる。

(3) 昔ドイツのキャベツは生で食べると口の中を怪我するくらい固かった。だからキャベツを発酵させて柔らかくし、キャラウェイシ
   ードで味付けしたザワークラウトにして食べた。でも今のキャベツは十分柔らかいです。

 

もちろんサラダの種類も豊富です。ヨーロッパはベジタリアンが多いので、彼ら用におなかにたまるサラダもあります。ビート、レンズ豆、
赤インゲン豆、トウモロコシ、ジャガイモ、にんじん、きゅうり、キャベツ、カリフラワーなど、盛り沢山です。

大学や研究所の食堂には必ずベジタリアン用メニュー、イスラム教徒用メニューがありました。

 

よくある果物。ブラックチェリー、イチゴ、ラズベリー、ブルーベリー、ぶどう、桃、バナナ、キウイ等々。タイ産マンゴーもあるぞ。

 

ヴィクトリアン・マーケットの項 おしまい。

ミュンヘン散策/住居について_その1....ミュンヘン大好き v. K 

 

+++++++++++++++++++++

 

しばらくミュンヘンと南ドイツで過ごしてきました。

昔お世話になった方が病気治療をされたので、その快気祝いに、久しぶりに旧交を温めてきました。

 

以前から、ミュンヘンにはまた住みたいと思っていましたが、今の私とM. v. K. の現状では当分それは望めそうにありません。
でも、休息を取りにしばらく滞在することなら今後も出来るかもしれません。その場合ホテルではなく、どこに仮の宿を定めるかです。
今回はウィークリー・マンションに滞在しました。

 

この建物の一室です。どこにでもあるマンションで、家主が個人でウィークリー・マンションにしているようです。
都心をすこし離れ、福岡で例えると平尾−小笹か、藤崎−室見といったところです。

 

道路に面してパン屋さん。早朝から開いて、香ばしい匂いが漂って来ます。毎朝焼きたてのパンを買ってきました。

その真上、日除けが半分降りているバルコニーと、右隣、窓ガラスが斜めに半開きになっているところが私たちのマンションです。

 

バルコニーの内側はシンプルだが洒落たリビングルーム。

 

窓辺には小さな食卓セット。

 

左に玄関が見えます。右手にバス・トイレ、後方に寝室とキッチン。

 

可愛らしい寝室。

 

> 新婚さん用のような素敵なインテリアですね。楽しかったでしょう。いつごろいらしたのですか?

> ミュンヘンは暮らしてみたい落ち着いた街でした。パンと麦酒がめちゃうまでしたね。 (らんらん)

 

パン、ハム、ソーセージ、麦酒、フランケンのワインもめちゃうまです。

長期滞在を考えるなら、医療についても確認をしなくっちゃ。

 

キッチン。戸棚、引き出し、冷蔵庫、、、開くたびに感心・感激しました。

ドイツではレンジ、オーヴンは一体となっていて、熱源はほとんど電気です。火力は強いけど、中華鍋が使えないのが難点。

 

照明が洒落ている。

開けないとそれとは気付かない冷蔵庫。

 

開けると嬉しいウェルカム・ドリンク。

ビール、アップルジュース、ガス入りとガス無しミネラルウォーター。

 

引き出しにはナイフやフォークが、ドイツ的に整然と。

 

上の棚にはワイングラス、シャンパングラス、小タンブラー、コーヒーカップ。

隣の棚には平皿、深皿、小鉢、それにドイツらしく、ビアグラスも。

きれいに拭き上げられ、輝いている。

 

磨き上げられた鍋。調味料は塩、ヨード入り塩、砂糖、ダイエット用甘味料、オリーブ油、酢、コーヒー、紅茶、ジャムなど。

味噌と醤油はありませんが、醤油は過去数十年少しずつドイツ社会に浸透してきました。この十年は寿司の消費が爆発的に伸びています。

 

> ところでこのウィークリー・コンドミニアム週払いでおいくら?

> 洗濯機・冷蔵庫・電話・掃除機は込み? ネットの費用は? (Real Estater@Hakata)

 

二人で一日 80ユーロ。家族四人なら一日 120ユーロです。退出時清掃代込みです。月極なら1600ユーロ。円安の我々には割高でも、

ドイツ人にはリーズナブルな値段か?

短期日ですが、簡単な契約書を交わしました。設備は少しずつ紹介します。

 

ドイツ人も長い言葉を略するのが好きです。ウィークリー・マンションのドイツ語はフェリエン・ボーヌンク。これはフェボと略します。

私たちのフェボは本当に便利なところにありました。前述パン屋さんの隣は郵便局。増えた荷物はここから次々日本へ発送。
ドイツの郵便局は民営化してから、店内で文具店も始めました。これも便利です。郵便局のマークはラッパです。
昔、郵便馬車はラッパを吹いて到着を知らせていました。

 

トラムの停留所は歩いて1分。次の停留所まで歩けば地下鉄、その次の停留所には近郊電車駅が。いずれも乗り換えなしで都心まで行きます。 
緑が濃い。

 

> すぐにお引越ししたいような快適マンションですね。

> このコンドミニアムはどうやって捜されたのですか?

> インターネット?それとも現地の方に頼まれたのですか?

> .v.Kさんはほんとにドイツがお似合いになります。 (らんらん)

 

インターネットです。ドイツの旅行社ではフェボは商品の一部ですが、日本の旅行代理店では、ほとんど紹介していないようです。

 

バルコニーから見ると、50メートルほど先に青地にオレンジ色枠のスーパーの看板が見えます。

 

これです。ドイツで一番大きいディカウント・ストアです。

 

この向こうに、花屋があります。その花屋さんから、お世話になった人に花を贈りました。

まずどの花を何本という具合に、花を選びます。しかし選んだ花が、直接相手に届けられるわけではありません。

店員が届け先の住所を聞き、それからインターネットでその通り番地に近い花屋を検索し、そこに電話して、今日の昼頃私の希望する花を
送り届けられるかを確認したら、お金を払い、発注書の控えをもらってOKです。

 

これからスーパーに入って買い物をします。

 

スーパーの中はありきたりのものです。

 

冷凍寿司なんかあって、12 3.99 ユーロ(約680円 ドイツ在住者には500円的感覚か?)

 

レジのおばさんは、けっこういい椅子に座っている。

 

商品はあらかじめベルトコンベアの上に並べておく。

 

> あっ  このベルトコンベア 懐かしいなぁ。 (デュッセルドルフ大好き)

 

レジを通った商品は自分でカートに入れる。カートは日本の2倍から3倍大きい。

カートは1ユーロコインを入れて、列から外して使う。列に戻して鎖をかければ、コインは戻ってくる。
支払いは半分以上の人がクレジットカードでしている。

 

クレジットカードがスーパーに普及する前は、皆さんよくオイロシェックという小切手を使ってありました。
小切手にドライウントツヴァンツィッヒマルクとか長ったらしく書いて、シャラシャラッとサインし、控えのカードを添えて出します。
するとレジのおばさんがサインを見較べて確認し、受け取ります。

 

さて、これもデュッセルドルフにはなかったと思うんだけど、いや、感心しましたね。

全体像が解らず、ノペッとした写真になってしまいましたが、実はこれ、ペットボトル回収機であります。
イオンカードやボンラパスカードのようなカードを右の切れ目に差し込み、丸い部分にペットボトルを差し込むと、キュイーンと音を立てて
機械の中に吸い込まれ、粉砕される。入れたボトルの数だけカードにポイントがつきます。

この下に洗濯機2台分くらいの胴体部分があって、粉砕されたボトルはそこに貯められ、回収されます。さすが、リサイクルの先進国です。


ミュンヘン散策/住居について_その2....ミュンヘン大好き v. K

 

 

+++++++++++++++++++++

 

朝起きると早速階下のパン屋で朝食のパンを買い、紹介したスーパーで朝食の材料を買ってきます。主にハム、ソーセージ、チーズ、野菜、飲み物です。

 

豊富、 おいしい、 安い!

ラズベリーはスペイン産。

これでなんの不満がありましょう。毎朝わくわくするような、楽しい朝食タイムです。

 

3種類のチーズ。ゴーダチーズ、モッツァレラチーズ、穴のたくさん開いたスモークチーズ。どれも実に安い。百道浜ボンラパスに売っているゴーダ・チーズは
携帯電話くらいの大きさで約
300円。この穴あきスモークチーズも、前の写真にあったゴーダチーズも、DVD位の大きさのが10枚入って約300円です。
つまり、日本のチーズは
EUの3倍くらい高い。

 

日本でチーズが品薄になり、高騰していると言います。中国人がピッツァを食べるようになったのがその理由だとか。本当かな?日本の国内問題にもっと
本当の理由があるんじゃなかろうか? ここではチーズはあふれているようです。

 

ある日の朝食。パンは4,5種類の穀類が、粒を残したまま入っている黒パン。

 

> ミュンヘンは、v.Kご夫妻が若いパパとママだった頃に過ごされた

> 思い出の地と聞いています。リポ-トにも楽しい気分が伝わってきます! 

>             (ミュンヘン大好き予備軍TH)

 

ありがとうございます。マドンナにそう言われると、張り切っちゃうなあ。

なんせ、6組のお仲間なんだから。(と言ったら、すかさず時代さんから「私もよっ!」と叱られました。還暦記念大同窓会での話)

 

左の皿のハムみたいなのは、、、

 

七面鳥のささみで作ったハムです(右奥)。ゼラチンで固めてある。ズルツェとかアスピークと言います。あっさりして朝食向きです。

左隣はボイルドハム。いずれも一袋300400円くらい。

 

手前左からモッツァレラ・チーズ、ギリシァ産ミニトマト。右のクリームチーズは120円。

 

> ここはv.Kさんが本に書かれていたドレスデンとは対照的な、

> モダンな明るい街のようですね。マンションのカラフルな内装や、

> ス−パ−事情など興味深く見せてもらっています。 

>             (ミュンヘン大好き予備軍TH)

 

いつかTHさんがお父様を連れてミュンヘンに行かれたとき、少しでも役に立つようにと思いながら、書いています。

 

ドイツのイチゴは美味しくなっていました。

こちらでもイチゴ摘みってのがあるんです。別の項で紹介します。

右はネクタリンかな?

 

チェリーヨーグルト 牛乳 アップルジュース

特にアップルジュースが美味しい。爽やかに酸っぱくて、とろっと甘い。

 

グレープジュース パンを買ったときの紙袋

バイオとかエコとか自然とか健康とか、トレンディーな言葉で溢れている。

 

中央右はイタリア製生ハム。これは実に美味かった。これが約400円。1パックの量が多いから、価格は日本の半分以下です。

左はパプリカ入りリョーナ・ソーセージ。子供が好きなソフトな味。下はリンゴ入りヨーグルト。

 

注目して欲しいのは生ハムの上の、2連ソーセージ。玉葱入りポークミンチです。

生の豚挽肉を食べるなんて、最初は気持ち悪かったですが、、、

 

生ハム作製と同様の殺菌処理はしているのでしょう、ドイツの食品管理を信用して食べてみると、病み付きになりました。
玉葱、黒胡椒、岩塩で味付けてあります。パンにペースト状に塗って食べると、美味いんだな、これが。

ミニトマトの横はモッツァレラ・チーズ。

 

> 朝食メニュー充実してますね。

> フルーツに興味がありますので

> 今度は市場の写真をお願いしますよ。

 

おっ、リクエストですか。承知しました。

ご希望に添う写真、どっさりあります。乞う、ご期待。

 

建物の中庭は美しく手入れがされています。写真右上の小屋はゴミ捨て小屋

 

右側に紙類のゴミ。左側は紙以外の可燃物。不燃物も細かく分けて捨てるようになっています。例えばガラス瓶は無色、緑色、褐色に分けて出す。

 

枯れた草花や野菜の残りなどはここに捨て、肥料として再利用します。その他にも例えば先に紹介したスーパーでのペットボトル回収機のように、
資源の再利用に関して様々な工夫があって、感心します。別の項で紹介しますが、太陽光発電や風力発電も進んでいます。
ドイツは、リサイクル、資源活用、自然保護の先進国だと、感心させられます。

 

清潔感あふれるバスルーム。

 

玄関ホールに戸棚がありまして、洋服ダンスかと思って開けたら掃除用具がぎっしり詰まっていたのには驚きましたね。もちろん、退出後に掃除のおばさんが使うんでしょうが、、、

 

なにせ家の内外同じ靴で生活するお国柄、清潔好きな日本人としては、これがあるのは大助かりです。

 

長いこと、お世話になりました。