12/26 2003掲載


クララ・フォン・クーニヒスヴェルトのクリスマス・マルクトめぐり
 

この人は小さい頃はつむじ曲がりのへんてこりんな子でしたが,


結構行動力があって,いつの間にかこんなこともできるようになりました。
そしたら11月終わり頃滅多に電話のないこの人から電話がかかってきて,
「やっほー,ちょっとドイツに行ってくるからねー」
「ふんふん,木屋町の盛り場にビヤホール・ミュンヘンってあったなあ。あそこで今晩飲みごとかい?」
「いえ,,オーストリア航空でヴィーン経由南ドイツ,オーストリアをぐるーっと廻ってくる。
バイトで貯めたお小遣いで行くからパパに迷惑かけないよ。でも,お餞別もらってやってもいいよ。
じゃないとお土産ないかもねーぇ(くっくっ,,)」
父は何か一言言いたかったが, 旅費をせがむわけでもなし,何も言えないのでした。
 

まず着いたところはニュルンベルク。ここのマルクト広場のクリスマス・マーケットは有名です。
ドイツではクリストキンドル・マルクトとも言います。
キリスト様の子供達の楽しいお店という意味ね。向こうに見えるのがよくカレンダーなどに出てくる聖母教会。


反対側にもお店がずらり。


このお店はちっちゃな人形を売っている。白髭のこびとがかわゆい。


このお店はマジパン。アーモンドの粉で作ったお菓子。
 

ここはバンベルク。
娘「昨年パパに連れられて来たとき,川が印象的だった」
父「そう。バンベルクは小さなヴェニスとも言われている」


娘「あそこに,壁に描かれたキューピッドの足が出ているね」
父「上の方にもキューピッドが壁からはみ出している。この市庁舎はくらちゃん,昨年だけでなく,10年以上前,
ドレスデンに初めて行った帰り道にも寄ったんだよ」


娘「美しい町だねえ」
父「戦災に遭っていないからね。大司教座のある門前町。立派な教会が多い」


その大司教の権勢の象徴がこの大司教宮殿です。


やって来ましたローテンブルク。でも市庁舎前広場は拍子抜けするぐらい簡素で,クリスマス・ツリーが一本あるだけ。
そういえば,yokoさんのレポートでもそうだったみたい。


こんな感じか。派手なのは東京,ニューヨーク,パリに任せて,ここではこれが味があります。髪の毛の黒い観光客ばかり。


ショウ・ウインドウめぐり


人形達


クリスマス定番の飾り。左下はクリッペ,つまりイエス様が生まれた馬小屋。右下は東方から三人の賢者が来たところらしい。


有名なクリスマス専門店<ケーテ・ヴォールファールト>本店
父「くらちゃんが生まれる前,パパがここに来た時この店はまだ無かった。二度目に来たときに出来ていた。
それがこんなに繁盛して日本にも支店を出すなんて,たいしたものだよ」


「くらちゃん,こんなの集めた〜い」


シュタイフのおみせ。ここにもぜひ来たかった。


父「おっとっと,ここは昨年夏みんなで夜遅くまでビール飲んだ所じゃないか」
娘「そうなの。 ここに来て,あの時の旅行が夢じゃないのを確かめたかったの」
父「あのとき楽しかったなあ」
娘「うん,楽しかったねっ」


「くらちゃんね,ちっちゃい頃食べてたこの薄っぺらいオレンジ色のアイス,みつけて早速食べちゃった。懐かしい味だったよ。味って覚えてるもんだねえ」


ローテンブルクを発ってここはシュツットガルト。 テュービンゲンから近いので度々来ました。
あまり記憶はないけれど,ミュンヘンとかテュービンゲンとか書いてある標識を見つけると,おもわずパチリと一枚。


この人 v. K. 家の長女。なぜかマルクトの屋台でクレープを焼いている。元気そうでした。


この道って,ハイジの山小屋に続いているのかしらん。


さてさて,ノイシュヴァンシュタインが見えてきました。
お城もだけど,手前の家と白壁,どうしてシミが一つもないんだろう?


セピア色で撮ってみました。


ビールでかんぱーい。ドイツのビールはうまいど〜。


夜のマルクトでこんなお化けに遇いました。
父「これはブッツェンマンドルといって,アルプス地方の民話だ。雪の山から鬼やお化けが下りてきて,言うことを聞かない悪い子を食べてしまうそうだ」
娘「なまはげ?」
父「そういうとこかな。ところでドイツ語解ったの?」
娘「ううん,さっぱり。一緒に行った子ドイツ語専攻で良くしゃべるんだけど,くらちゃん教科書に載ってないような日常使う単語はいっぱい解った。パパのお陰かな」

あっという間にクリスマスはおろか、お正月もやや時間の彼方、くららも京都に帰りました。
クリスマスに飲み残したワインを今日くらいに空けてしまわないと、、てな感じでオーストリアの
クリスマス巡り、私 v. K. が代行して紹介いたします。えっ、くららが伝言板に書きこんでる!!


ここはオーストリア、チロルの州都インスブルック。冬季オリンピックが2度ありました。
ドイツ・バイエルン州との国境にそびえる山脈はその名も「北面の鎖」氷河期のイン川が作った谷の中央にあります。


フランツ・ヨーゼフとエリザベートも滞在した、ハプスブルク家の宮殿を見学しました。
白地に金模様の典型的ロココの間。部屋の奥にあるのは陶器製のストーブです。
壁の向こうに召し使い専用通路があって、そっちから薪をくべる。食事なんかもその通路から運び込まれます。


そういう小うるさい説明よりも、女の子はショッピングが楽しみ、特に人形とか。

干支の猿にも目がいきます。


ず〜っと以前、鳴滝のおかあさんが人間が写ってないと面白くないと言ってましたが、
たしかにトナカイさんだけ写しても面白くない、これも前のも。


ところで旅荘「金のライオン」の2階では掃除のおばさんが寝具をパタンパタンはたいていますが、
実はこれ人形だそうです。一日中この窓でパタンパタンやっている。


ビルの窓がアドベント・カレンダーになっています。待降節(アドベント)の間、毎日子供達が一つずつ
窓を開けて中に入っているお菓子やオモチャをもらうのを楽しみにする、アドベント・カレンダーという
のがあります。この窓も毎日一つずつ開いていって、一階のカフェに行くと何かプレゼントがもらえるのかも。


この建物の装飾は結構有名らしくて、建築史の本にも度々出てきます。


インスブルックからザルツブルクに行くには、途中ドイツ領内を横切った方が近道です。
夕方にはザルツブルクに着きました。オレンジ色のフレスコ画が印象的な大聖堂。


大聖堂前広場のクリスマス市。飲んでいるのはグリューワインといって、暖めた赤ワインの中に
いろいろなハーブが入ってる。アルコール分は飛んで5%くらいです。
日本なら甘酒というところかな?クリスマス・マルクトにはこれがなくっちゃ!


お店には掃いて捨てるほどクルミ割り人形。我が家のくららがバレエを習い始めた中学生の頃、
アクロス福岡に「クルミ割り人形」を観に行きました。夢の中でクルミ割り人形と踊る少女の名はクララ。
たしかサンクト・ペテルブルクのマリインスキー劇場バレエ団だったと思います。


ザルツブルク風アクセサリーの店


ザルツァッハ川にかかる旧市街と新市街を結ぶ橋


ここはザルツブルクの少し北、オベルンドルフ(Oberndorf)。ここの聖ニコラウス教会で1818年クリスマスの
深夜歌われた「聖しこの夜」があっという間に世界中に広がりました。
その教会は今は無く、ほんとに小さなメモリアル・チャペルがありました。

教会の中にあるステンドグラスに、その教会が描かれています。


チャペルの前は「聖しこの夜広場」。ここに日本からの団体さんがわんさか。

通りがかりに本場物「エリザベート」 の広告塔がありました。


ここはヴィーン。冬枯れの市民公園。


そこにあるヨハン・シュトラウスの像は、、鹿毛さん、確かにあなたの仰るとおり、いつの間にか金箔ぴかぴかになってますねえ。


市民公園を出るとリンク・シュトラーセ。ああ冬だ


電停にあったお菓子の広告。インパクトを感じてカメラを向けました。


ホテル・ザッハーは国立オペラ劇場裏、フィルハーモニア通りにあります。
しっかりお上りさんになって、ここでザッハートルテを食べなくっちゃあ!


そしてシェーンブルン宮殿にも行きました。モーツァルトがマリー・アントワネットに「僕のお嫁さんにしてあげる」と言ったのはここ。


締めくくりはヴィーン市庁舎前のクリスマス・マルクト。M. v. K. さんは2年前ここに来ましたね。

楽しい旅行でした。お友達とかんぱーい。

飲んでいるのはサクランボジュースでした。

また行きたいです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


(追記)
昨年ののクリスマスは、くらちゃんがドイツから買ってきてくれたおみやげのお陰で、例年よりちょっぴり華やぎました。

ローテンブルクからやって来たシュトレンと

ラインヘッセンのベーレンアウスレーゼ。ベーレンアウスレーゼですぞ!]

それにシャウムのクリームチーズ。メルシー

クララとv.K.のジャンル別アルバム
切り口を変えて、ドイツを見てみました・・・・・v.K.


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

<<クリスマス_追加>>


ローテンブルクのクリスマス。ホテル・アイゼンフートの並び


ローテンブルク。ご存知年がら年中クリスマスのお店、ケーテ・ヴォールファールト


これもローテンブルク


これもローテンブルク


これはオーストリアはチロルのインスブルック
 
<<楽しそうなスーベニアのお店>>

磁器製の人形たち


ティー・サービスとスワロフスキ


人形たち


木の小さな人形達.ドールハウスとかテーブルいっぱいに広げて飾る


拡大フォト


ロマンチックなショウ・ウインドウ


拡大フォト


花模様の磁器


天井近くの人形たち
 
<<空から>>


ミュンヘン近郊の小集落


ベルリン。大通りに面して中層住宅。
その内側は小さく区切られた日曜庭園
 
<<ホテル>>


ご存じアイゼンフート・ローテンブルク
由緒ある富豪の屋敷


アイゼンフート 客室


アイゼンフート 2階ロビー


バイエリッシャーホーフ・ミュンヘン


ハイアット・ベルリン オブジェ


ハイアット・ベルリン ルーム
お土産は手早く航空便で


(左)ホテル・ベルヴュー・ドレスデンはかつて最高格式の旧東ドイツ国営ホテルでした。
(右)今はウエスティンホテル系で、すこしケバくなった。


室内の格調は昔も今も変わらない


インスブルック/チロル/オーストリアの簡素なホテル


簡素だけどすてきなルーム
 
<<レストラン>>


ミュンヘン市庁舎地下


ミュンヘン・ホーフブロイハウス


ホテル・ハイアット・ベルリンのレストラン


ケルン大聖堂前


くららは特大ソーセージとポンフリ、アップルジュース


カスラーというスモーク豚肉の塩ゆで。あっさり味。
ザワークラウト(酢味キャベツ)とポテトピュレー、ビール


宴会料理。大皿にソーセージ取り合わせ、骨付き豚すね肉のゆで、煮込み、ロースト3味。
ナイフとフォークは始めから肉に刺して出て来る。
ジャガイモ4味。ピュレー、焼き、クリーム味、ポンフリ


大宴会。これだけの人数を一流ホテル、グルメ、一等車、デラックスバスにて2週間のゴージャスな旅に
連れて行き、無事連れて帰ったのですぞ!
しかも旅行社の同クラスツアーより安かった。