5/8 2006掲載

イタリア旅行 フィレンツェ・レポート

v.K.

  
+++++++++++++++++++++++++++++


ミラノからフィレンツェにはトレニタリア(TRENITALIA イタリア国鉄が民営化)が誇る特急列車ユーロスターで2時間40分の旅です。
ユーロスターというと英仏海峡トンネルを通る列車が有名ですが、イタリアの特急は大半がユーロスターという愛称です。
日本で「のぞみ」ドイツで「インターシティ」というように。これは一等車。最近はコンパートメント式は減って、開放型キャビンが主流になっています。
 

席の前に小さなテーブルをセットすると、パソコンでインターネットも使えます。
ルネサンスって何だったっけと、予習をするセイラさん。
 
ユーロスターの名前で思い出しました。ヨーロッパ諸国には共通するヨーロッパ意識があり、建築物や地名にヨーロッパの名称を与えています。
オーストリアのインスブルックから、イタリアへ向かうアウトバーンにかかる大きな橋がヨーロッパ橋。南ドイツ・テュービンゲンという小さな大学町の
駅前広場がヨーロッパ広場。ベルリンが東西に別れていた頃、西ベルリンの一大ショッピングセンターがヨーロッパセンター。「ヨーロッパ有数の
繁華街」「ヨーロッパ有数の景勝地」といった謳い文句は至る所に見られます。

ヨーロッパ諸国はお互いいがみ合いながらも共に発展してきました。キリスト教の連帯感ももちろんあります。旧ソ連邦から独立した国々は、
自分たちもヨーロッパの一員だと主張しています。「モーツァルトが奏でられるところ、全てヨーロッパ」という傲慢不遜な言葉もどこかで聞きました。
アジアには悲しいかな、このような連帯意識はありません。
 
さて列車は窓外に広大なロンバルディア平原を見ながら、南東へ走ります。
 

ボローニャで列車は進路をほぼ90度変え南西に進みます。するとまもなくトスカナ州に入り、車窓には比較的なだらかな山岳地帯が広がります。
雪が残っています。アペニン山脈を越えるのです。
 

列車はフィレンツェ、サンタ・マリア・ノヴェラ駅に着きました。ユーロスターの外観です。イタリア国旗の赤・白・緑がセンス良くデザインされています。
この列車はローマを経てナポリへ向かいます。
 

フィレンツェ中央駅がサンタ・マリア・ノヴェラと呼ばれるのは、駅を出ると目の前に由緒あるサンタ・マリア・ノヴェラ教会が立っているからです。
ホテルの窓から見えているのがそうです。つまりこのホテルには駅から歩いていきました。偶然ですが、25年前泊まったホテルでした。
 
フィレンツェは小さな町です。人口は44万人。だから鉄道の駅を思いっきり旧市街直近まで引くことが出来ました。これはフィレンツェの観光
に役立っています。ミラノ中央駅はかなり都心から離れたところにありました。
 

これがサンタ・マリア・ノヴェラ教会。ファサードはイタリア特有、緑と白と赤の大理石で装飾されています。見事なものです。
中には有名な画家の宗教画が並んでいます。
 

正面入り口上部のこのフレスコ画もたいそう立派な絵だそうです。
 

駅前からドゥオモへ向かいます。
「ひゃーっ、本当にフィレンツェに来たんだ!」
後方にサンタ・マリア・ノヴェラ教会が見えます。駅前から延びる道はこんな狭い道。フィレンツェには地下鉄はおろか、トラムもありません。
バスはマイクロバスのような小さなバスも走っています。なにせ道が狭い。イタリアの町は一方通行が多いので大変です。以前ラヴェンナ
という小さな観光地で、すぐそこに見えている中央広場にどうしても到達出来なかった思い出があります。
 

前方にドゥオモが見えてきました。ゾクゾクします。
 

またやって来た! ドゥオモ;サンタ・マリア・デル・フィオーレ(花の聖母マリア)
緑・白・赤、イタリア国旗と同じ色の大理石で装飾された見事なファサードです。
 

中央扉上部バラ窓あたりの装飾。
 
観光ガイドブックを見るとドゥオモのことを、フィレンツェ・ゴシック様式なんて、サラリと流していますが、これは主に装飾様式のことを言って
いるものでありましょう。ゴシックというのは建築に関する用語です。バロックにはバロック建築と共にバロック音楽、バロック絵画というのが
ありますが、ゴシック音楽、ゴシック絵画というのは聞いたことがありません。(フォントのゴシックはこの際無視します) ゴシックは建築技
術としてのゴシック建築と、建物の装飾様式としてのゴシック様式というのがあります。
 
ゴシック建築とは、(1)尖型アーチを採用することによって壁に掛かっていた加重を柱に集中させ、(2)その結果壁に窓を開けて採光
可能にしたことと、(3)やはりその結果柱から上の天井部分を尖った高いものにして、屋内空間を広々としたことなどであると、独断的に
細部をばっさり簡略化してわかったつもりでいる v.K.です。
 
これに対しゴシック様式とは天に向かって尖る装飾様式です。ミラノ・レポートで一例示しました、煉瓦壁に設けられた尖型アーチの
窓もその一つです。教会の壁にガラス窓を広く取ることが出来るようになり芸術としてのステンドグラスが発達しました。
 

もう一度ミラノのドゥオモを見てみましょう。上に述べた特徴が見られます。
 

フィレンツェのドゥオモ内部、ここは内陣の祭壇です。窓は小さく、暗い。
 

床のモザイク
 

そして巨大な丸天井の内側に描かれた、聖書の物語。この丸天井はどう見てもゴシック的ではありません。ルネサンス的というのかな?
この丸天井(大円蓋)が出来たのは15世紀。ゴシックは下火となっていた時期です。
 

下火となっていたゴシックが後世見直されました。実はドゥオモのファサードは19世紀に作られたものでして、何となく先の尖った装飾が多い、
これをネオゴシック様式といいます。右隣に立つのはジョットの鐘楼
 

ずっと以前紹介したドイツ・ミュンヘンの市庁舎も、実は20世紀初頭に出来たネオゴシック様式です。このほか、ロンドンの国会議事堂、
ブダペストの国会議事堂もネオゴシック様式だそうです。
 

話をフィレンツェに戻して、これはドゥオモに向かい合って立つサン・ジョヴァンニ(聖ヨハネ)洗礼堂。今は少しくすんでいるが、
磨き直せば緑、白、赤の美しい大理石が再現することでしょう。12世紀頃の建立で尖型アーチは無く、ローマ人が多大に活
用した円形アーチで修飾した、典型的なロマネスク様式です。
 

これはミケランジェロが「天国の門」と絶賛した、黄金レリーフ細工の門。
「ルネサンスって、すごーい!」
 

聖書の逸話が描かれています。
 

洗礼堂内部
 

洗礼堂は正八角形なので、天井も八角蓋。やはりキリストを中心に使徒や天使や聖書の中野逸話がモザイクで描かれています。


初めてのフィレンツェ訪問で見るもの全てに目を奪われた人が、2度目の訪問で今回是非あれをまた見たいとか、この際
漠然とした知識を整理したいと思うことはあるでしょう。たとえばウフツィ美術館を一日かけて鑑賞したいとか、ミケランジェ
ロはフィレンツェに何を残したんだっけとか。
 私の今回の念願はサン・ロレンツォ教会を必ず再訪することでした。
 

 サン・ロレンツォ教会はメディチ家の菩提寺です。古い教会を壊した後、15世紀中頃建立されました。手前が教会。
後方二つの円蓋は君主の礼拝堂と新聖具室です。びっくりしたのはこのファサード。荒々しい砂岩のむき出しです。
しかし中にはいると打って変わった芸術的空間が開けています。後の写真で紹介しますが、その建物内外の落差にびっくりしました。
イタリアって凄いなあと思いました。ルネサンス期の建築には、外装に砂岩のザラザラした感触をそのままにした荒々しいものが多いので、
これもその一例かと思いましたが、実はそうではなかった。ファサードの制作を依頼されたミケランジェロが、様々の不運な事情が重なって、
とうとう制作を放棄したまま現在に至っているのです。
 
 ここで歴史上の時間をチェックしておきましょう。
ミケランジェロ・ブオナッロティの生きた時代 1475年 - 1564年
コロンブスによる新大陸発見 1492年
ルターによる宗教改革の始まり 1517年
足利義政と応仁の乱 1400年代後半
 

 君主の礼拝堂向かい側のバール(Bar )でピッツァの昼食。にいちゃん愛想良いんだから。このバール雰囲気良かったなあ。
 

 これが教会内部。清涼感があり、明るく、整然、すっきりとしています。主イエスに許しを請う空間というよりも、知性を感じさせる、
理知的空間とも感じることが出来ます。これがルネサンス教会建築の一典型です。
 伝統的な半円形アーチを多用してありますが、中央部(身廊)天井にアーチはなく、左右の柱列に梁を架け、その上に屋根を
乗せたバシリカ様式であることが解ります(こういうのをバシリカ様式といいます)。カラフルなステンドグラスはなく、後世のバロック〜
ロココ様式の華美すぎる装飾もなく、印象としては簡素ですが、なんといってもメディチ家の菩提寺です。納められている絵画、彫刻、
建築、聖具は超一流のものばかりです。
 
今回は君主の礼拝堂とミケランジェロの新聖具室を紹介します。どちらもメディチ家の霊廟です。
 

 メディチ家礼拝堂
 メディチ家はその名前から医薬品の販売を手がけて財を成したとも言われています。大きくなったのは銀行業で成功してからです。
その後権力者、統治者として台頭し、遂にはトスカナ大公となり、フランス王家に二人の女を嫁がせ、ローマ教皇を二人輩出しました。
そのようなメディチ家は、彼らの生前の権勢と威光を死後も人が忘れることの無いようにと、このような豪華極まりない礼拝堂を建立しました。
ここには数人のメディチ家君主が安置されています。
 
この絢爛とした礼拝堂はメディチ家が権勢の極致にある頃建てられたと、思いがちですが、実は建設が始まったのは1602年、オランダが
東インド会社を設立した年で、この頃のフィレンツェは、いや、イタリア全体が徐々に衰退の時期にありました。写真を見ると大理石を貼
っただけにしか見えませんが、、、
 

実は細部の加工の精緻なこと、おもわず「すごーい!」とうなってしまいます。象嵌細工です。
 

 これらの装飾に用いられた石材は、大理石、多色の花崗岩、班岩、バルガの赤色岩、コルシカ島の緑色岩、碧玉、アラバスター、
石英、ラピスラズリ、珊瑚、真珠などです。フィレンツェに貴石加工所というのがあり、もともとメディチ家が設立したものですが、そこに
余裕の無くなった財政の中から少しずつ建立費を捻出し、ゆっくり時間を掛けて建立しました。1870年代に貴石加工所に発注さ
れた床張り工事が完成したのは1962年のことだそうです。
 

 次に新聖具室を紹介します。大きいドームは君主の礼拝堂、小さいドームは新聖具室です。イタリアは凄いなと思うのは、
このような荒々しい外観の建物の中に、芸術的別世界が開けていることです。
 

 ミケランジェロ作、新聖具室。部屋全体がミケランジェロの作品です。今回のフィレンツェ行きで絶対欠かすことの出来なかったのは、ここでした。
 ちょっと解りにくいかもしれませんが、ここは一辺約12メートルの正方形の床を持つ部屋です。左右の写真は向かい合っていると思って下さい。
この空間は多少色彩はありますが、色の数が限られています。床の太い線、柱、水平方向の太い帯、その上の半円等の濃い色は褐色がかっ
て見えますが、実際は緑です。ここに入ると精神の緊張を感じます。直線、曲線は厳密に計算された長さなのでしょう。
 

 ここには夭逝したメディチ家の二人の貴公子が眠っています。ローマ時代の軍服をまとった像はヌムール公ジュリアーノ・デ・メディチです。
副官の報告を聞くかのように横を向いた姿勢は、行動力と意志の強さを表しています。勇敢さを象徴したものでもあります。その足元の
石棺の上に横たわるのは、男性の姿をした「昼」と女性の姿をした「夜」です。「昼」の表面はわざとのようにザラザラと、粗な面のままです。
「夜」の肌は対称的に冷たさを感じさせるように、滑らかです。
 

 「夜」はいくつかのアトリビュートを備えています。頭に星の付いた宝冠をかぶり、足元には眠気を誘うケシと墓地の主人フクロウ、
左胸の下には悪夢に出てくる奇怪な男の顔。「昼」にはこのようなものはありません。
 

 反対側の壁面にあるのはウルビーノ公ロレンツォ・デ・メディチの埋葬記念碑です。ロレンツォはやはりローマの軍服をまとっていますが、
思慮深く何かを考えている、あるいは瞑想している姿です。哀愁が漂っているようにも見える。実際この人は後世「沈思の人」と呼ば
れているそうです。支配者に必要な知性を象徴しています。あるいは支配者に必要な寛容さも表現されているのかもしれません。

 その足元にいるのは男性の姿を借りた「黄昏」と女性の姿を借りた「曙」です。
 

「昼」と「夜」、「黄昏」と「曙」の四体の擬人像は何を象徴するのでしょう? 活動と休養、疲労と回復、時間は過ぎゆく、
日はまた昇る、時は永遠、貴公子達には限りがあったなどなど、、。 「黄昏」の鍛えられた肉体と表情の奥の深さ。
ロレンツォの心の深さを表しているのだろうか? 「曙」の均整のとれた美しさ。支配者に求められる均整と調和のことなのか?
 

 二人の貴公子の視線の先にいるのは、赤子キリストを抱く聖母マリア。このマリアは美しく、均整がとれすぎている。
私が感じたそういう批判は、ミケランジェロ存命中から既にあったそうです。
 

 さてサン・ロレンツォ教会のすぐ近くに、メディチ家初期の本拠。メディチ−リッカルディ宮殿があります。
これもルネサンス時代支配階級住宅の典型です。外観一階は荒々しい砂岩の作り。
それが二階、三階と上がるほどに丁寧な仕上げになっています。まどは典型的ルネサンス窓。
各階の高さが日本と違って、階段上がるのに疲れます。この建物、今の日本なら五階建ての高さでしょう
 

 宮殿内側には中庭があります。中庭をアトリウムといいます。最近あちこちでチラホラ聞きますね、アトリウム。
心臓には左右の心房と心室とありますが、心房をアトリウムといいます。
 

 アトリウムを抜けると裏門に続く庭があります。ここにオレンジの鉢植えが並んでいました。
 
 余談ですが、オレンジを見るとドイツを思い出します。近世以前ヨーロッパにバナナもメロンもパイナップルも無い頃、
リンゴと野いちごは百姓の食べ物。ブドウはあったでしょうが、それ以外ではオレンジは南欧から伝わってきた高級果物で、
貴族は競ってオランジェリー(温室)を作ってオレンジを栽培しました。その舶来高級品であった名残が今でも言葉に残っていて、
ドイツではオレンジをフランス語風にオロンジュ、またはオゴンジュと発音します。それも口腔を縦に広げて喉の奥から発音しながら、
空気を鼻腔に抜かして。
、、、イタリア語でオレンジをどう発音するのか、聞き忘れました。
 

 現在この宮殿は貴重な文化財であるにもかかわらず、フィレンツェ県の役所として使われています。ここはタペストリーの間といって、
壁に掛かっているのは結構貴重な文化財らしいのですが、県議会場として使われています。
 

 ここは鏡の間。メディチ家のレセプションルーム、ボールルーム。今ではフィレンツェ県庁や県議会がレセプションに使っているのでしょう。
 

鏡にクピドーの絵なんか描いてあって、ちょっと面白い。
 

ここに写る自分が、いつも以上に美しく見えちゃったりして。
 

今日はいっぱい見学して、勉強になりました。疲れちゃったので、ドゥオモ真横のカフェテリアで一休みでーす。
 

 近々フィレンツェに行かれるかもしれない三王システムHPご愛好の皆様方のために、位置関係を説明します。
緑矢印:メディチ−リッカルディ宮殿。この左奧にサン・ロレンツォ教会。
黄矢印:前の写真のカフェテリア。セルフサービスです。イタリア語不要。紅茶がうまい。
赤矢印:シニョーリア広場、ヴェッキオ宮殿、ウフィツィ美術館方向

青矢印:次回紹介予定のアカデミア美術館。


 


フィレンツェ・レポート最終回
  v.K.
先日唐津の同窓会で、あるおとうさん、「俺も女房と娘連れて海外旅行したが、娘はもう絶対お父さんとは旅行せんと言いよる、、。」
いえいえ僕だって最大細心の注意、配慮、思いやり、譲歩プラスお買い物に付き合うことで達成出来た親子旅行でした。
娘は娘で、忍の一字でパパにサービスしてあげたと思っているのかも。
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
すこしトスカーナを紹介します。
 


25年前の8月のピサ。ピサはフィレンツェから西へ1時間あまり、地中海に面した町です。ピサ大聖堂はラテン十字型の交差部に円蓋、
半円アーチでファサードを装飾した、典型的ロマネスク様式のバシリカです。 赤いショートパンツ姿のF.v.K.と長女。
 


15年前学会でフィレンツェに行った時は市内のホテルは満室で、ピサ方向にアウトストラーダ(アウトバーン)を40分ほど行った
保養地に泊まりました。こんな田舎に泊まったのも、楽しかった。写真は泊まったホテルですが、こんな古びたホテルもイタリア
では絵になるのです。窓の日よけ扉はドイツでは完全に装飾品の役割になっていますが、イタリアでは実用品です。
日差しが強く乾燥しているので日中は閉じられて、通風だけが保たれています。色はほとんど濃い緑色で、一部褐色のこともありました。
 


ホテルの部屋から見たトスカーナの田舎。
 


今回の父と娘旅行レポートに戻ります。パスタがうまいのは言うまでもないが、チーズも生ハムもこんなに美味しいのは
日本では食べられない。食べなくっちゃ、食べなくっちゃ。
 


ここはシニョリーア広場。政治の中心地です。中央の舞台様建物はロッジャと呼ばれます。日本語では露台とか開廊とか訳されています。
そもそもの用途はシニョリーア広場に睨みを効かす兵隊の詰め所だったようです。
ロッジャ左手の建物が有名なウフツィ美術館。同美術館に隣接してベッキオ宮殿という壮大な建物があります。
 
宮殿(パラッツォ)といえば、たとえばヴェルサイユ宮殿やバッキンガム宮殿のように、王侯の居所のような印象がありますが、実際には公共的な
大きな建物をそう呼ぶようです。ドイツでは映画館にも宮殿と称するところがありました。ソ連時代のモスクワで、大会議場を宮殿と呼んでいたのが解りました。
 


ロッジャにはメディチ家が集めた彫像が陳列されています。左は「メデューサの頭をかかげるペルセウス」。この流れる血から天馬ペガスース(ペガサス)が生まれます。
右は「サビーナの女の掠奪」。うねるような、いかにもバロック風の作品ですが、実際にはバロック期以前の1583年、ベルギー人ジャンボローニアという人の作品です。
 


ベッキオ宮殿入り口。左はフィレンツェの象徴、ミケランジェロ作「ダビデ」のレプリカです。ベッキオ宮殿は市庁舎として、あるいはメディチ家の
住まいとして政治の中心となった建物です。この中は実に見学に値しますが、今回は時間がありませんでした。
 


ウフツィ美術館の中はこの一角を例外として写真撮影は禁じられています。天井の装飾はイタリア・ルネサンスに特徴的なものです。
 


左の絵には豊満な乳房を持った女性の両手は鳥の羽根、脚は一本の獣様の脚といった奇怪な人物像が描かれています。右の絵ではむき出しに
なった男の肛門めがけて、半人半獣の男が矢を射ようとしています。このような奇怪な人物や、やはり奇怪さを漂わせた草木鳥獣などの具象が延々
と連続しています。これをグロテスク様式といいます。
 
ウフツィ美術館を始めフィレンツェにある美術品は膨大なものです。たとえば


ご存知ボッチチェリ 「春(部分)」と「ヴィーナスの誕生」
 

(左) マザッチョ 「楽園を追われるアダムとエヴァ」
(中) ティツィアーノ 「ウルビーノのヴィーナス」
(右) ラファエロ 「ヴェールをかぶった女」
 


(左) サスターマンス 「ガリレオ・ガリレイの肖像」
ガリレオはピサ大学教授。地動説に端を発するローマ教皇庁の異端裁判は有名ですが、教皇庁は多くの場合ガリレオに好意的に対処しています。
ガリレオは敬虔なカトリック教徒で、自身教皇庁の中に知己を得ていました。さらにガリレオはトスカーナが誇る科学者なので、その当時メディチ家から
相次いで教皇となったジョヴァンニ・デ・メディチつまり教皇レオ10世や、ジュリオ・デ・メディチつまりクレメンス7世の庇護があったと考えられます。
 
(右) レオナルド・ダ・ヴィンチ 「受胎告知」
柔らかい、線とは言えない線を描く技術の持ち主レオナルド。さっすがーぁと言いたくなります。当時の大主題「受胎告知」。いったいフィレンツェには
何十枚の「受胎告知」があることでしょう?
 


ミケランジェロ 「ダビデ」フィレンツェの象徴。知性、正義、健全な精神、肉体美の極致、敵と対峙する勇気などが表現されているそうです。
 


フィレンツェを発つ前に、極上「魚のスープ」を食べました。これを食べずには日本に帰れない。あいにく写真を取り忘れて、これはデザートです。
ここはホテル最上階。窓外にライトアップされたドゥオモが。
これから夜行列車に乗ってドイツのミュンヘンに行きます。
 


21時50分発ミュンヘン行き、一等寝台二人用個室。うーん、何十年ぶりだろう。はしゃぐなあ。
 


洗面台があって、鏡も付いている。鏡の扉を開けると飲料水が。この車両にはシャワーも付いています。
 
私たちは時々国際化とは何ぞやと、堅苦しい議論をしますが、この列車の国際性は理屈以前のものでした。
まず、ドイツ鉄道とイタリア鉄道(トレニターリア)の共同運行です。両者とも国鉄が民営化されたものです。この日の車両はドイツ鉄道でした。
日本で事前に購入した切符はなぜか全然関係ないフランス国鉄の発行でした。
若くてハンサムな車掌がやって来ました。この人はドイツ人でした。
「グーテン・アベント、ボナセーラ。ドイツ語でやる? イタリア語?英語?」 
「ミュンヘンには朝6時35分に着きます。その前に朝食持ってきます。コーヒー? 紅茶?」
「旅券は明日の朝まで預かっておきますね。じゃ、ボナノッテ、シュラーフェン・ジー・グート」
翌朝ミュンヘンに着いた時、引いていた電気機関車はオーストリア国鉄でした。たぶんインスブルックから牽引したのでしょう。
 


アルプスの北側、ミュンヘンは雪でした。
 


ミラノとフィレンツェでは、ほどほどののホテルに泊まったので、ここだけは以前も泊まったバイリッシャー・ホーフです。お金のない若い頃、
いつかはこのホテルに泊まりたいと、人生の目標にもしたホテルです。早朝着いたので、早速朝食です。席に着くと同時にウェイトレ
スが持ってきたオレンジ・ジュースの美味しかったこと!
 

朝食はこんなふう
 


お馴染み市庁舎の時計塔も雪の中。
 

ショウ・ウィンドウから抜け出して来たかのようなセイラさん。ショウ・ウィンドウに残ったマネキンと一緒に時計塔を見上げます。
 

市庁舎地下のいつも行くレストランで昼食です。今晩は私のボス宅に招かれているので、軽く済ませます。セイラさんが取ったのは
「オペラ前の軽いディッシュ」
緑色のは表面がタイルで覆われた暖房器具。冬場はとても気持ちいいんですよ。

ところで木貼りの壁と上部の白い石膏壁、それに落ち着いた木製の卓。あの当時から良いなとあこがれていた調度と内装です。
これらは伊都の丘病院の診察室に生かされているんですよ。