01 Mar. 2011

博多に無いもののひとつが ”ひつまぶし”

1000円高速で本場名古屋まで、遠路食べに出掛けたのが思い出されますが

北九州市小倉駅近くの鰻料理の名店 ”田舎庵” は近くて美味しく度々訪問しております

その ”びんちょうひつまぶし” が先月2月博多にもデビュー、早速チェックしに行って来ました

吸い寄せられるように・・・

入店し、品書き見て

「上とそうでないのの違いは」 「はい、鰻の量です」 「上でお願いします」

肝吸は +¥100です

上は2段重ね!

尾張名古屋は関西風、、一度蒸さずに地焼きするので、表面がパリッとしていなければいけません

先ずはストレートに一膳

次は?

フンフン、さっぱりとした味

三膳目は茶漬け、、、

丁度お椀4杯分のボリューム、最後はやっぱ原点に戻ってストレートで

なかなかの味、 創業者は備長炭の商いでもやっていたんでしょう

今月3日には博多新駅ビルに静岡の鰻屋さんもオープンとのこと、「吉塚うなぎ」さん、うかうか出来なくなってきた!?