29 Nov. 2011

「韓国駆け足 A〜B級グルメ」

訪韓も回を重ねる(今年5回目)と、どこにでもある韓国料理では納得しません

初日のランチですが、、、

釜山西面に在るロッテホテルの南側はグルメ街

此処の牡蠣クッパの話しを聞いていたので空港よりタクシーで直行!

マッコリは甘酒のような軽やかさ、アルコール度もビール程度で飲み易い

「来たぞ、来たぞ!」

グツ・グツ石鍋入りでホッカホカの牡蠣雑炊

体も充分温められたし、支払いも計¥1050で云う事なし

その夜です

関空からのリンダ夫妻とも合流し、機張市場へ

何でもアリで賑わう青空市場も、この夕食時間帯は客数もまばら

皆さんの目線の先には・・・・・

蟹・カニ・蟹

もう少し奥の方へ行こう

此処だ! 回転の良好な店の蟹は新鮮で元気がヨロシイ

「お安くしときまっせ!」 なんてな事言っているようだが

巨大タラバ蟹とBigズワイ蟹買って調理を任せ

店内で マッコリ乾杯!

「バンコク以来やね」 「夏からもう4ヶ月かあ、早いなあ」

半時後のテーブル

食べ易いように切り分けてくれているので楽チン

「写真も撮ったし、始めよか」

頭は味噌と共に・・・

極上焼き飯に! 地方の味噌汁がまた美味いのなんのって

「今宵の夢は横這いの姿の自分かも・・・」

飲んで喰ってお一人様¥2980!

納得の初日も終わり、二日目の朝です

西面の鮑粥名店「済洲島」、お後のバス時刻表に合わせ、朝7時開店と同時に入店し

鮑粥とアマダイ焼き定食、、、

「こんなん錦市場やったら高いぞ!」

割り勘でお一人様¥700!

釜山より高速バスで揺られ北へ3時間余り・・・

エリザベス女王が至極魅了されたという 「安東河回村」 到着!

いわゆる宮廷料理はコレだ! を眺めておりますが 「見るだけ〜」

拘りのB級で迫る我等4人

安東名物の 「チムタク」 は蒸し鶏料理

すき焼き風タレに蒸し鶏と春雨と野菜諸々加えて煮込んだ大皿料理

「コレ喰いたさに三時間半! 本懐達成ですたい」

飲んで喰いまくり、お一人様驚異の¥630! 「ソウルより物価安の釜山、、、其処より割安の此処安東」

二日目夜の部です

「往復バスに揺られたし、沢山は入らんかも」

キムチ汁をシャーベット状で供される漬物はお初!

ホテル近くの賑わっている焼肉屋さん、骨付きカルビが店の看板メニュー

ビビンバも合格点やったが

カルビはお勧めラインに到達!

お一人様呑み代込みで¥2600

ソフトバンク・ホークスのシリーズ優勝リアルタイム観戦で明け暮れて、、、

三日目朝は・・・・・

釜山西の海雲台、高級リゾート地区である

老舗のチョウスン・ホテルがやけに低く感じられます

釜山っ子憧れの住宅エリア、100階に迫らんとす上記高層コンドミニアムは億ション群!

南面に海の環境下、釜山の天候は快晴続き、、、さすさら眺める対馬海峡

冗談だとばかり思っていた 「釜山⇔福岡海底トンネル構想」 意外と早い時期に着工となるのかも知れない

チョウスンホテルのロビー

早いなあ、もうすぐなんや!

先程登場の億ション、 「日本よりデザイン進んでるなあ!」

1戸1億円以上、、、安か!?

海雲台⇒センタム・シティー(先端都市)へ移動して、、、世界最大デパートの「新世界」ディスプレイ

これはなかなかの立体感、、、グッド・センス!

ズームアップで吸い寄せられ パシャッ!

オープン2年ほどの店内は・・・

吹き抜け天井ドーム

「ここで買い物?」 「うんにゃ、訳があると」

地下にあるイタリア直系の 「Gusttimo」

「美味いやろこの栗のジェラート」 酒飲みのさすさらには ”何とかに真珠!?”

1個¥240

その夜の部です

ナンポドン(南浦洞)のホルモン焼き名店です

リンダに 「二人で行って来たら?」

「いやあこんな店、連れて来てもらわな絶対に辿り着かん!」

「カルビはまあまあとして、ホルモン! 極上もんばい」 前宣伝していたもんで

”期待顔”

店内には島が数箇所あって、好みの味付けのオバちゃんコーナーへ座る段取り・・・

「これか? 光ってるなあ」

いわゆる 「ホルモンってゴムのようで硬いんと違う」 には驚きの柔らかさ、保障します

段取りはじめ、焼きも喰い頃も全てお姉さんにお任せパック

コレコレ、この新鮮野菜が名脇役となるのであります

ええぞ、その調子!

「骨付きカルビはどや?」

これもまあまあですが、、、あのホルモンの後では 「存在感薄おす」

「何やその顔?」

「ウンいける、、、これは最高! いやあの蟹も最高やった・・・」

ホルモンにカルビは早くも腹の中、、、

此処から始まるThe本番!

今まで皆には黙っていたけど、、、コレ喰いたさに釜山訪問したようなもの

ホルモンを食べ易いサイズに手際よくカット・カット

韓国ジャンにご飯加え充分焼き込むと、、、極上ホルモン炒飯の出来上がり!

正にゴックン! 今編集中に思い出してヨダレもの・・・・・

こうやってパリパリの海苔に巻いて喰らう!!!

大好評のB級グルメ侮るなかれのディナーでありました

あれだけ飲んでたらふく喰ってお一人様¥2000、、、

B級バンザイ!

宿泊先飾りつけも流行のLED

深夜、、、2階のカジノへ逃避行のさすさら

結果は!?

「あ〜、ようけ遊ばせて貰た」

4日目の朝ご飯は、、、

温泉場海産市場(柳橋や築地場外と同様)のおばちゃん食堂にて

偶然にも、、、この煮物の香りに吸い寄せられ着席した次第

いきなり健康的前菜から

味噌汁に焼き魚に冷菜に・・・・・¥340だがや

金井山登山して、地上に降りて来て夜の部は・・・・・

「広安里に行こう!祝勝会するけん」

夏季は釜山っ子で賑わう海水浴場、、、地下鉄2号線でも日本語で案内の広安駅で降り、散策する事半時余り・・・

やがて到着河豚屋さん、「ポゴ」で通じます

マッコリが至極当たり前になって来た食卓

「そろそろいいんと違うか?」

極上河豚はポン酢で!

お一人様¥2350! 価格破壊でも何でもない皆さん納得の妥協値段、日本も少しは見習ったら?

ほろ酔い気分でシャッター押せば・・・・・

美しい夜景がより美しくなる?

長々とお付き合いいただき、誠にお疲れ様でした

アンニョン・ハセヨ!!!