7/15 2007掲載

オーベルジュ・Koyama宿泊記

七里田温泉でお宝湯に浸かったホカホカ体、お腹もディナー・モードになってきたようです。

宿泊棟で一休みして・・・・・

夕食の用意されつつある此処へやってきました。

マダム・Koyamaの手造りの品そこかしこに・・・

Beautiful!

我々の席はあのコーナーやな。

「へえ〜、これですかあ」

此処”オーベルジュKoyama”が世界のラグジャリー・ホテル百選に掲載された雑誌に見入るWoodman。

「大分から常連のお客さんが来られたらはじめましょう」ってマダム

まさか

我らの席のセッティング移し、このセレブなグループと同席になろうとは・・・・・

アミューズが運ばれて来ました。

「では〜・・・」

「ヨロシク〜・・・」

”タプナット”

オリーブとアンチョビのパテ、薄切りのパンに乗っけていただくと一層食欲そそられます。

”黄ピーマンのムース”

イクラとムースの食感が混ざると、何とも云えぬふくよかさが醸し出されてきます。 今日は編集長、珍しく飲んでるぞ!

シェフの心意気

自然に伝わって来て

皆さん

笑顔の晩餐となるのであります。

”ラタトウユのサラダ”

地元久住産ポーチド・エッグと絡めていただく新鮮野菜、年齢問わず受け入れられる優れ一品。

”枝豆のスープ”

その後は・・・ジャーン!!

”アマダイとウニのボッシェ”

イカスミのソース、、、、、やってくれますねえKoyamaさん!

意外や意外・・・まったりとしたソースが爽快感となる不思議、シェフ・マジックにかかってしまいました。

”仔牛ヒレのソテー”

このボリューム満点のメイン、見た目以上の柔らかさですんなりいただけます。

美味しい自家製パンをソースにまぶして・・・・・完食は言うまでもありません。

さて、、、どんなデザートが出るか、楽しみにしていましたが・・・

”イチジクとマスカルポーネ”

先日いただいたランチタイムのコースでも感じた事ですが、Koyamaシェフの「気」を食べて元気になるデザート
顧客の趣味思考や過去のデータを考慮しつつ出されたコースの最後を飾る一品、不思議なことに今宵、眠気は未だ未だです。

美味しいコーヒーいただいて暫し歓談タイム・・・・・

「良かったら後ろの部屋へ移りません?」

席の準備してもらい・・・

食後のドリンクとの事ですが

私もつられ

飲んでみると、、、実に爽やか

Koyamaオーナーの愉しい話 セレブなレディーならではの優雅な話 Woodmanの米国生活30年超ならではの生々しい話

に時間経つのも忘れ

語り合ってしまいました。

外は台風4号の影響で風雨益々強く、体内時計も狂ったの!? あやうく翌日になってしまうところでした。

オ・ヤ・ス・ミ なさい。

翌朝8:30のダイニング・ルーム

ワオー! 何と素敵なカップカバー!

マダムKoyamaのさりげない接客心に魅せられます。

何と巨大な”オムレツ”

取り分けてもらって

いただきます!

追加分もいただいてお腹いっぱい、ご馳走様!

そして始まった”お話”タイム

へえ〜! 北九州空港から

毎週東京へ料理の勉強ですか? 

いかんいかん、、、10:30になろうとしてまっせ・・・・・

でも、Koyamaさんの経験豊かなレストラン歴聞いて・・・今日のオーベルジュに至った経緯、感動しました。

我々が宿泊の前日は、福岡のお客さんの還暦祝いが二泊三日貸切りであったとの事です。

台風接近の前に久住高原を後にしました。

★Restaurant・Hotel★
AubergeKOYAMA
大分県竹田市久住町白丹3517
0974-76-1500