8/22 2008掲載

東区香椎にある隠れ家的フレンチ・レストラン「颯香亭」・・・・・噂には聞いていましたが、、、雨上がりの夏の夕暮れ時行って来ました。

ほとんど住宅地のど真ん中、ナビ無しではかなり見つけにくいかも知れません。

普通の民家を

入ってゆけば・・・・・

テーブル席

向こう側は?

座敷席です。

ノンアルコールでお願いしたジンジャエール、炭酸水に自分で調合する優れもの。

右が使用前、左完成品

実に爽やかなドリンク頂きながら今宵のメニューとにらめっこ。

此処「颯香亭」には、通常あるようなメニューはありません。 完全予約のシェフおまかせ膳ですから、予算伝えておいて本日の食材から
その日のメニューを選択するシステム。

¥7500の

コースの場合、前菜から二品、メインから二品選択しますが、これが実に愉しいひと時、、、、、なかなか決まりません。

アミューズが登場、ハマグリのオリーブオイル仕立てですがシェフの腕想像させるに充分な一品、お後が大いに期待できそうです。

私の選んだ前菜は

「関サバ」

夏野菜とともに頂くと・・・「わあ、うまかあ!茄子との絡み具合がなんともねえ」

ママのは

対馬産ウニ

「こんなに衝撃的な前菜は、記憶にないみたい」

前菜二品目

肥後赤牛をタタキ風サラダにて、爽やかなお味、パンがどんどん進みそう。

ママは

糸島産南瓜の冷製スープ、感動しまくりです。

メインの鰆

フランス産茸の香りと豆のコラボレーションお見事な鰆の調理、結構なボリュームです。

私はオコゼ!

ブイヤベース仕立てで頂きましたが・・・・・もの凄いインパクト。 最近食した料理で一番元気いただいた逸品です。

ママの肉料理

肥後赤牛のリブロース、普段肉には興味示さないママも 「この肉は美味しい!」

私は貴重な鴨

それも、ビュルゴー家のシャラン鴨、今までの私の食歴に無かったランク付け、ビックリものです。

充分オーナーシェフの心遣いや意気込み感じつつ愉しんだ二時間以上の晩餐ですが・・・・・最終局面飾るに相応しいデザート

バナナのクラフティー

見るからに喜び伝わるデザートでしょ?

ママは

桃とチョコレートのデザートに魅了されっぱなし、なめるように最後まで頂いておりました。

「あー、なんっちゅう充実感なんやろ」

満腹で廊下に

座り込んで!?はります。

南仏で修行積まれたとの事ですが、いわゆるフレンチ・レストランとも違うし、最近流行りのイタリアンとも違ったジャンルの食事処
「よくもまあこんなに食材揃えてありますねえ?」 「糸島の野菜や魚に惹かれるものですから、好きなんでしょうねえ」

「普通なら家賃や従業員の事などで、どうしても商業ベースでやらないかんでしょうからね?」 「ここの民家が気に入って始めた店なんです」
自宅兼食事処の「颯香亭」、余裕がお皿に乗って出て来るのがおわかりでしょう?
中庭でのジャズライブ聴きながらのディナーなどもやっているとの事、もうすぐ満4周年だそうです。

ランチタイムなら¥3000前後、ディナータイムは¥5000〜の予算です。

住所 福岡市東区香椎駅東4-37-7
電話 092-673-6616(お問い合わせなど)
営業時間、定休日 11:30〜14:00、18:00〜21:30(予約制)
火曜、月1回不定休

ナビつきの車なら電話番号入力で到着するでしょうが・・・・・

都市高速香椎東で降り

下原交差点から香椎駅方面へと戻ります。

住宅街のど真ん中

電話してから行って下さい、見つけにくいと思います。