4/12 2007掲載

京の桜、雅の桜 Part2

今回の上洛でケリつけねばと予約しておいたのがこの「ぎをん萬養軒」

思い起こせば三十年前、四条通りにあった以前のお店で起きた珍事
「誠に申し訳ありませんが、、、上着着用でないと、、、」と、体よく断られた忘れえぬ思い出。
時は過ぎ行き祇園に移転し再開された
「ぎをん萬養軒」・・・・・果たしてそのスタイルは変わったのか?

多少緊張気味!?での入店

何!

これだったらカジュアルでOKじゃん、時代は間違いなく変わっていた。

アミューズはシロウオ

前菜は鴨ロースト

&マグロとアボガドのタルタルにスモークサーモン

更にエスカルゴ

和風の造作が

いわゆるフレンチレストランの緊張感を随分と柔らかくしてくれます。

これ真打登場!

「冷製ヴィシソワーズ、コンソメ・ジュレかけ」・・・萬養軒伝統の一品、これの為にわざわざ出向くファンいまだに多いとの事。

ホタテとアスパラのクリーム仕立て

まったりとしたクリームがパンに良く合う事

これはママのメイン

手長海老と平目のロースト、季節野菜ソース掛け

私のはコレ

子羊のロースト、甘めのワインソースが子羊にピッタシ!

絶品のデザート

イチゴとバニラ&抹茶アイス、クリーム・ブリュレ風。

あのダイアナ妃も訪れた名店、京懐石の半分以下のリーズナブルな価格設定(夜¥8000〜)はお勧めです。

 ぎをん萬養軒本店
 LUNCH  12:00〜14:00(Last order)
 DINNER 17:00〜21:00(Last order)
 定休 水曜日(12月除く)

 〒605-0087 京都市東山区新橋通大和大路東入ル元吉48-1
 TEL: 075-525-5101  FAX: 075-525-5108

祇園新橋界隈は

いつまでもこの艶やかな姿で残して欲しい貴重な区域です。

さてっと・・・夜桜は如何に?

辰巳大明神

桜と柳

酔いそうです。

桜の密度の

濃い事!

夜桜堪能して

そのまま床につけるなんて・・・季節を最高に味わう贅沢です。

オ・ヤ・ス・ミ