2/25 2008掲載

真冬の工房厨房では・・・・・

この週末、外は小雪舞い散る荒れた天候、フライトはままなりませんが工房内は天国・天国。

何やら凄い食材が”デーン”と揃っております。

トラフグ刺身

デカイ!!! 何人前なんやろ?

これまた極太白子

アラも豊富!

新鮮野菜もタップリと・・・

それは何ネ?

総勢9名揃ったところで

始めましょうかね・・・・・っしっしっし。

先ずは刺身から

掟破りはご法度・ご法度・・・・・

「小葱を巻いて

清く、正しい!?食べ方で参りましょう」

そうです、まとめてガサッと
取るのはルール違反、水上さんは規定の食し方してあります。

「いやあ、一息

ついたあ・・・・・刺身で腹満たされるなんて、夢のよう」

お次は白子

ホイル焼きもやってみましたが、、、やはり鍋で温めてポン酢で頂くのが最高!

「僕、コレ・・・」

ぶりシャブっす!!!

さっぱりとした味、刺身で頂くのと全く違った食感、コレまた大受けでした。

そして

河豚チリ、、、いくら食べても食べても、、、なかなか減りません。

最終局面は定番

河豚雑炊! 美味いの何のって、エキスがご飯にしみ込んでくれて、表現のしようがありゃしません。

この企画の立役者

ABEちゃんです、、、「冬は鍋でしょう、やっぱり」 口滑らしたのが運の尽き

「ならあんたが資金負担してやってもらおうかねえ」

「いやあそれは割り勘じゃないとね・・・」

流石言い出しっぺ、結局彼が半分を負担、残りを皆で割り勘・・・・・大いにゴチになりました。

「次回は、、、そうやねえ、、、アラ鍋っちゅうのはどう? ABEちゃん」

寝たふりしてる彼の姿、、、、、夢よもう一度!