13 Aug.2010

「工房厨房はイカ飯!?」

残暑お見舞い申し上げます・・・・・

ソックス元気

「待ってろ、、、後で美味しいの持って来てやる!」

本日のレシピは?

「昨晩から

浸しておいたもち米、もういいやろか?」

いい具合ですよ!

メイン食材は剣先イカ

台風で心配でしたが、、、16杯をゲット!

サブには阿蘇牛

昨日南阿蘇に行った折、特別にJAから分けてもらったお宝 ”赤牛”、 件の牛さん問題の影響か、このようなブロックは極めて入手困難です。

いつも指摘されている

工房厨房の”野菜不足問題!?”、 本日はまだまだこれ以上準備しているので「心配なか」

さて、、、段取り中ですが・・・

「そうやねえ、色々喰ったねえ、、、そう食べたいのがあった”イカ飯”」 先日の監督の言葉、いつになく力入ってたもんね。

TVでやっていた北海道森駅の名物駅弁”イカ飯”の オ・ハ・ナ・シ・・・

こうやって

もち米を腹6分程度イカに充填します。

南阿蘇産野菜も下準備

出汁もスタンバイ!

酒・醤油・みりん・昆布、忘れてならない生姜汁、、、

長州鶏ハムは

大葉・キューリ

ミョウガと共に、、、塩味のみです。

このワイン、Tomoちゃんがミラノからお土産にと持参したもの、白です。

「っポン!」

では・・・

乾杯! 「今日も喰うぞ、思いっ切り!!!」

カヨちゃんも

駆けつけて、「美味しいの頂ます!」

鍋? 順調!

では、、、”イカ飯”出来るまでの間、サブ・メニューの”赤牛サーロイン・ステーキ”に掛かりましょう。

火力が肝心

料理屋にあるような強力Wバーナーで

一気に片面焼きしましょう。

塩加減も大切です。

カリッと具合良好!

一旦切り分けて・・・・・

再度、ニンニクと共にソテー

「さあどうぞ!」 

「美味〜い!!!」 「こんな肉の味は初めて」 「さすがは赤牛、いくらでも入る」

野菜ですよ野菜

ABEちゃん、ピンボケやんかあ!

一段落したら、、、再び、肉!

今度はモヤシと共に、、、、、

味付けは、塩と胡椒のみ、阿蘇牛はシンプルに頂くのが流儀、どこそこの、やけにさしの多いブランド牛と違ってさっぱり感がお腹に優しいのでもたれません。

メインのイカ

調理開始から45分経過、、、、、そろそろ食べごろや。

ゲソもどうぞ!

本日のグルメ隊は・・・・・総勢8名。

監督いわく 「こうやって食べたかったんよ、一度でいいから」

「もち米もいい具合に出来とう」

「初めてのイカ飯チャレンジ、大成功っちゅうとこやね」

食後のミルクシェーキが

火照った体適度に冷ましてくれて、、、、、

デザートです。

「僕は遠慮しといたほうがいいとでしょうか?」

残ったもち米を炊飯して、おはぎの製作、、、、、まるでプロ並みの厨房じゃなかでしょうか?

きな粉餅風

増男君 「美味しいワインやったなあ」 がホレ、ご覧の結果。

お土産用にラップ

「ふー、またまた大喰いしてしもた」 

P.S. ソックスにも イカ飯堪能してもらいました。