Nov. 2013

現在ACRO機はコレのみ

50tクラスガソリン機を電動にて飛ばしています

ある日の事・・・・・

形あるものはいつしか失せる・・・

苦い記憶はいつまでも残る? あ〜これだから人生やってられる やっぱ男って心底アホや思う!!!

南無〜

格納庫が空いたので対症方検討中!?

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 大型アクロ機の取材も良く受けたものです

ラジコン技術取材の様子  「ドオーモ」収録の日  RavenのMaidenFlight

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

回顧録、、、2008年とその以前の思い出写真どうぞ!

「飛行機編」

ツカーノ” ブラジルで飛んでいるターボプロップ練習機

かなり実機に迫ったモデル、、、JETCATのタービン搭載

着陸態勢から・・・・・

無事クラブハウス前に帰還、喜びの表情で充足度計って!

100CCクラスのガソリン機を電動にて装備した ”刀”

奥の機体はそのスケールダウン機、これまた電動仕様

意外と大きい機体だが素直な飛びっぷりだった

こちらは通常エンジン機の ”スホーイ”

2枚ペラだと電流は160AMP、ペラも7000RPM、しかも着陸時に地面に接してNoGood!

3枚(24x10)だと回転も6500RPM、音もグーンと静かで125AMP

 

燃料は要らないし、機体は汚れないし、何よりお気軽・・・・・すっかり「リポ」にご執心!?

 

外観は同じようだが・・・

100ccガソリン⇒同等馬力以上の電動へ換装、、、

 

一方、ターボ・プロップも進化・・・

”ターボ・レイブン” なかなか凝った仕上がりに大満足したものだ

松本監督の手になる実機さながらのアクロバット機

かっこいいのだ!

「このくびれ具合が何ともですね」と人気だった

業界雑誌に掲載のための写真撮り風景

Pitts揃い踏み なんて阿呆な目立ちたがり屋さんもやってたっけ!?

そう云えばこんな ”エクストラ” も飛ばしていた

癖のない飛ばしやすいエクストラ

悦に入っている!? オタクパイロット

でかい ”スホーイ” 

200CCクラスガソリン機

有り余るパワーでぐんぐん上昇

青空に、発煙飛行いわゆるスモークが映える

ど迫力のかっ飛びはお気に入りだった

着陸もオートマチックみたいにやってくれる

こちらは ”エッジ”

吼える虎さん!?

写真はマニアックなアマチュアカメラマンによるもの

上手な構図

そろそろ帰還せねばガス欠します

お帰り・・・・・

ナヌ、、、コレ?



タービン練習機も少々・・・

思い出した!?