7/28 2008掲載

ローマ到着・・・・・Part1

風呂桶にお湯いっぱい張って、、、ああ、身を浸される喜びよ!!!!!

さっぱりして、休んだら出掛けましょう。

初欧州

MORI君の興味は・・・・・此処か!?

福岡ドーム

程の直径の円形競技場コロッセオ、工事のし易さからか湿地に穴掘って地下室を設置・・・・・初期においては競技場に水を張り、海戦もやったとか。

此処に

ライオンはじめ野獣など飼育していたのでしょうか? 向こうに見えるオレンジの鉄骨、あのレベルに木製の床が一面に張られ

約5万の観客が

「もっとヤレ!」 と声援していたのでしょう。 直射日光から身を守るテントの設備もあったりして、市民は終日愉しむ事が出来たはず。

古代ローマの象徴コロッセオ・・・・・あの頂上部見てください。 大理石構造のこの施設、後の世にはとんでもない使われ方が、、、

中世を通じてコロッセオに使用されている建材は他の建築物に

流用され続けたそうで、一時期は”採石場”と化してしまい、あの有名なサンピエトロ寺院にもこの大理石が使用されています。

「そこまでやる?」

幸いその後此処は聖地となった為、採石禁止となり現在外周は半分程度が残っています。

創建当時(西暦312年)そのままの 「コンスタンティヌス帝の凱旋門」、フランスのエトワール凱旋門のモデルにもなっているので有名です。

凱旋門の左手には 「サンタ・フランチェスカ・ロマーナ教会」

 

ではお隣、フォロ・ロマーノへ・・・・・

紀元前6世紀から約900年間、国家の政治・経済の中心地であったこの地は現在我々の享受する西洋文明のベースとなった場所。

シーザーも

オクタビアヌスもこの道路を闊歩していたのでしょうか?

有名な

元老院、預言者のアドバイス聞かずに出掛けたカエサルは

紀元前44年3月此処で暗殺されました。 生前に死に方を問われた際に「思いがけない死、突然の死こそ望ましい」と答えたというから

この日の来ることは予測の範囲内だったのかも知れません。

何と侘しいお墓なんでしょう。

オクタビアヌスと比べると天と地の差、あの英雄にしてこれが現実!?

二千数百年以上前からこのパラティーノ丘の上には多くの民が住み着いて、埋蔵物から判るように結構豊かな暮らししていたのです。

此処は商店街!? 何だか当時の活況聞こえてきそうな、、、そんな気になりそう。

全ての道は、、、正に此処ローマに通じていたのであります!

フォロ・ロマーノを後に広場へと出てきました。

重厚な感じのする、バランス感覚抜群の広場!

ここを降りてゆけば・・・・・

お隣は、占領米軍兵士がウェディング・ケーキと名付けた、現在は無名戦士の墓であるところのヴィットリオ・エマニュエル2世記念堂。

MORI君にはフォロ・ロマーノよりコンドッティやろとやって来ました。

随分前に

小春ママと宿泊したハスラー・ヴィラ・メディチ

これがトリニタ・ディ・モンテ教会。

振り返ると

このように並んでおりますが・・・・・もう皆さんお気づきですよね?

そうです、ヘップバーン宜しく、アイスクリーム食べて眺めるべきでしょう。

年中、世界中からやって来るツーリスト。

MORI君の

お買い物は、コンドッティー通りで!

 

 

振り返ると、、、スペイン広場!

私には

此処がヨカ!

美人のチーフと

仲良くなって 「他の皆さんにはやってないけど、免税手続きとってあげるわね」 「グラッツエ!!!」

思わずまとめ買い、、、敵の思う壺!?

ディナーは

 

 

 

どれもこれも美味かった! 米が沁みるよニャ。

今日はぐっすり寝れそうです。


究極の神殿パンテオン!・・・緊急速報!

永遠の都ROMAを去る前に、あと一箇所だけ尋ねてきました。 随分前の事、小春ママと訪れ感銘深かった処なのです。

そうです、あのパンテオン・・・・・世界のほとんどの神殿や寺院が特定の神を本尊としているのに対して、多数の神々を ひとつの神殿で祀ろうというのです。

ローマ皇帝 アウグストゥスの腹心アグリッパは、紀元前 25年に ローマにパンテオンを建立したが、後に落雷によって炎上、これを同地に再建したのが
皇帝ハドリアヌスである。 それは紀元後 125年の頃、今から 1900年も昔のことである。 とありますが・・・・・この建築的偉業には私心底惚れ込んでいるのです。

アグリッパの文字が記されています。

此のドームの穴の存在は、入る人の気持ちを圧迫感から開放させる意味もあるのか?

彼のミケランジェロ・ブオナロッティをして「完璧!」と言わしめたドーム、後の彼の偉業サン・ピエトロのドームに与えた影響は底知れぬものであったでしょう。

そしてこのドームの規模は 1300年後のルネサンス時代に フィレンツェのサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂ができるまで、世界最大のドームでありました。

ラファエロ・サンチェも

イタリアを統一したビットリオ・エマニュエル2世も此処に埋葬されています。

世界中の善男善女が訪れる此のパンテオン、入場料は徴収しませんので献金してまいりました。

約20世紀を耐え抜いて尚、充分強固な建築物・・・・・二度目の訪問でしたが、受ける魔力は前回のそれを上回るほどのもの。

左回りに一周させてもらいましょう。

この壁のレンガの積み方一つからして、他のものとは違うテクニックなのでしょう。

2000年後の私どもに、現物でもって迫るもの、、、時間とはいったい何なのでしょうか?


アリデヴェルチ ローマ !!!

ローマの朝、さすがにイタリアを代表する都会、、、しかも世界中からイタリアおたくが大挙して押し寄せる街

すでに皆さん、本日の活動開始しているようであります。

では我々も・・・・・

古の都ローマを手っ取り早く見て廻って、概要掴むにはどうする?

車運転しながらではあきません、ぶつけられるからです。 車は車庫に留め置いて、、、コンシェルジュお奨めのコースに乗っかりましょう。

ご立派な

サンタマリア・マッジョーレ教会です。

ミサが行われていましたが

荘厳な雰囲気に圧倒されそう。

広場の泉の水

「飲めるとね?」 「美味しいよ、毎日こうやってボトルに詰めて」

「あのバスみたいですね」

チャオ・ローマ、主要な観光スポットに12箇所停車

Hop on hop off ですから、好きな箇所で乗降車可能、割安に疲れずに市内巡りが出来る良い企画です。

目抜き通り通って

乗客は首を上下左右に振らされます。

ここは

捕虜・奴隷もしくは志願者からなる戦闘士の凄惨なショー会場、観客の審判で親指を空に向ければ「生」を、床に向ければ「死」

敗者は恐れることなく死に臨まねばならなかったと言う凄まじい娯楽の様子・・・・・

イアフォン通じて

観光ガイド聴こえてきます。 

フォロ・ロマーノ

チルコ・マッシモ

古代ローマの競技場、10万人収容! 奥の建物は皇帝の宮殿跡。 此処が映画「ベンハー」の戦車レース場といったらお判り?

市電は超低床構造で乗降は楽。

やがて

ヴァチカン、乗客の半分は下車。

ミケランジェロの

ドーム、ピエタ、システィーナの天井画、最後の審判 etc etc とミケランジェロ抜きには決して語ることの出来ぬヴァチカン・・・・・

「礼拝堂に入るのに何時間かかるの?」

テヴェレ川の向うに

サンタンジェロ城。 元はハドリアヌス帝の霊廟、後に教皇の要塞として使用されたそうですが、我々にとってはあの「ローマの休日」でオードーリーが

大立ち回りやった場所としてお馴染みです。

St.Angelo

旧ユダヤ人地区

高い塀で囲って、他所と行き来を困難にした暗い歴史を持つゲットー。

最高裁!

アウグストス帝の平和の祭壇

ボルゲーゼ公園門

広大な公園敷地は

ローマっ子の憩いの場所。 かつては枢機卿ボルゲーゼの個人の所有地!

ベルニーニ広場で下車

コルソ通りでMORI君と別れ、彼はお買い物・・・・・

私は部屋で風呂!

ベッドサイドにレストラン優待券

ホテル6階のテラスレストランで使用してみましょう。

何やら正装したファミリー

その横に陣取って 「この優待券で何が喰えるの?」 「はい、美味しいローマ風ランチですが」 「んじゃ、それお願い」

「enjoy your lunch!」

必ず聴かされる此のフレーズ、ではでは頂きましょう。

「美味い生ハム、こってりチーズ」

パスタ、茹で加減が命!

メインは鶏じゃが

もの凄く美味かったでえ!!!

隣の黒ずくめ軍団はこれの倍は食っておった。

ローマ⇒ソウルで大変お世話になった二人

Bellの云うとおり、今やKALは世界随一のサービス精神! あっという間の11時間フライト、降りるのが勿体なかった。

ローマ発21時頃

そしていよいよ最終フライト ⇒FUKUOKA

Inchon空港発

玄界灘の夕日

右から玄界島、奥に九州本土、手前は志賀島、左は能古島、、、、、美しい日本に戻って来ました。

帰るなり、小春が不思議そうに飛び出してきました。

「しばらく何処へも行くんじゃないぞ!」 「ハイ、済みまっせん」

メデタシ・メデタシ!!!!!