7/21 2008掲載

メディチ家の街フィレンツエへ!・・・緊急速報!

ラヴェンナの朝は格別! 空気が清らかに感じられます。

今回のスイス・イタリアの旅の事を知ったレストラン・ラヴェンナのオーナーシェフ石井さんとの会話

「時間とれるんだったら是非一度寄ってみてください」 「確か亡き親父も訪れたのでは」 「このラヴェンナのモザイク写真見てください」

お店で見せていただいたモザイクの本にすっかり魅了され 「時間割いてでも行こうかね」 「それだけ素晴らしい街ですから、嬉しいなあ」

早朝6時、散歩して美味しい朝食頂けるようにとポポロ広場からブラブラ歩き・・・・・

サン・フランチェスカ

ダンテゆかりの教会のそばに

ありました。

フィレンツエに戻る事なく、ここにダンテは眠っています。

劇場です。

リッカルド・ムーティのラヴェンナ・フェスティバルDVD案内と、公演案内らしきお知らせ表示も街の雰囲気に添ったもの。

サン・ヴィターレ聖堂

三角・丸・四角・・・・・実に複雑怪奇なユニットからなる組み合わせですが、総合的に見てどっしりとした安定感あり心地よい安堵感に浸れます。

ガッラ・プラチーディア霊廟

此の建物群が世界遺産であるのを噛み締めつつ、今の時大切に歩んでます。

清廉潔白!

適切な表現ではないかもしれませんが・・・・・

この位の規模の街が親しみ深く、理解し易いと言ったら分かって貰えるのでは。

朝日差し夕日に輝く

この魅惑のエリア、、、、、すっかり嵌ってしまいそう、訪れて本当に良かった!!!

感謝して

一時間ほどのそぞろ歩き終了、、、、、ホテルに戻ってきて

朝食たっぷり頂いたら、、、

出発です!

看板の地名も南に移動するのを知るかのよう。

ヴェネチア⇔フィレンツエ間が約300KM、中間にラヴェンナが位置しますので、本日のは凡そ150KMのドライブですが・・・・・山間部を通過します。

標高1000M地点ではこのような可憐な花たちの姿見て取れます。

 

峠、さしずめ日本なら此処に

きっとドライブインが見つかるでしょう。 でもボローニャ経由の高速道通るのが一般的なのか、通行量もまばら商売成り立たないのかも知れません。

美しい農村

ちょこっと立ち寄って

みたくなる小さな町の佇まい、あれもこれも全部っちゅうのは・・・・・喰いすぎ!?

農業国!

既にトスカーナ州に入っています。 あの右手向うがフィレンツエ。

ラヴェンナ出発して約3時間近く、フィレンツエの街に入って来ました。 v.K.泣かせの”一方通行”だらけの中心部

「さっきドーモが

見えたとに、どうやら反対方向に走ってない、俺たち?」 コレ繰り返すこと数度 「MORI君、あと見失わんようについて来て」 「はい!?」

私、タクシーの人

「ドーモにお願い」 「後ろの車、友達?何で一緒に乗らないの?」 「道が複雑やけんたい」 「頭いいなあ」 妙に感心されたりするうちに無事到着!

「此処ですたい」

ヴェネチア並みの観光客

とりあえず、フィレンツエで一番古いといわれるサン・ジョヴァンニ洗礼堂に入ります。 ダンテもここで洗礼受けたそうですが

天井画の美しさ

それも品がよく

眩いばかりのもの。

八角形したこの建物、何といっても有名なのは「天国の門」、旧約聖書をモチーフにした

素晴らしく格調高い15世紀の技!

手前が洗礼堂、向うにサンタマリア、奥にドームそして右にジョットの鐘楼です。

昼下がり過ぎは熱い!

そんな時には

 

食文化の原点は此処

フィレンツエにあります。 彼のルイ14世、ここでの食体験にカルチャーショック受け 「フランスでもこんな美味しい食事を提供せよ!」

おフレンチなんて格好つけて気取っていますが、オリジナルは此の地、ステーキも此処から世界中に広まってゆきました。

伝統的に政庁が置かれていたヴェッキオ宮。

ダヴィデ像の本物は

アカデミア美術館にあってこれはそのレプリカ。

高さ100Mにも及ぶアルノルフォ塔、フィレンツエのシンボル的存在。

その南に長~い行列 「2時間はかかるやろうね」

ウフイッツイ美術館です。 最高5時間待ちなんてのもあったとか・・・・・我々の前に並ぶお嬢さん二人、、、座り込んでランチタイム。

フランス語の会話が心地よく、暫し二人のやり取りに聞き入っております。 列が進むたびにランチの場所変えているので

「ゆっくりしていいとばいあんた達」

にっこり笑って 「すみません」 全部食べ終わるのに30分近くかけていました。 安上がりでなけりゃ旅行なんてやってられない若者達の姿ですなあ!

「ふう~!」 「やっと今からヴィーナスに会えるったいね、俺たち」


ウフィッツイーの後は、あのポンテ・ヴェッキオへ・・・・・

ヴェネチア並みの人・人・人・・・

貴金属商が大半の橋の上の商店街、此処の金なら買っても安心!?

以前来た時とは

違った感じのフィレンツエの街の様子に、多少の戸惑い隠せません。

やっぱ

このドームに登らせてもらわねばなりません。

右壁はドーム内側

左手はドーム外部の屋根瓦の部分、2重構造になっていて、その間をくるくる登って行きます。

ふうー! 着いた! あの山の向こうがラヴェンナの方向になります。

頃合宜しく鐘の音が・・・・・(動画です)

ぐるっとパノラマ・・・・・

下のドームの向こうに終着駅、サンタ・マリア・ノヴェーラ駅です。

そして此処フィレンツエの至宝、サンタマリア・デル・フィオーレ&ジョットの鐘楼。

屋根の勾配

ドームの形状が判りやすい時間帯!?

上り同様の急勾配、下りも脚滑らせぬように要注意です。

 

あの天井画の裏をゴソゴソ上り下りしておりました。

食事前の軽やかな運動、お腹の空いてくる時間帯です。 午後8時半からやっと賑わうのはイタリアの常識!?

イタリア国旗ですな。

冷製のスープ仕立ての二品、右のはラタトイユ風ですが米粒入り、さくさくの食感が爽やかです。

 

本当はこの地名物”Tボーンステーキ”所望でしたが 「オーダーのミニマムは1KGですが・・・」 「何て、もっと小さく出来んとね?」

お隣米国からやって来たデカイオッサン二人連れ 「どげんね?」 「結構喰い応えありまする、、、オエ」

結論、我々ロースト・ビーフにしといて正解!!!

広場に戻って来て・・・・・

「これからが

賑わう時間帯、凄い遊び心ですよね」

憧れの ボッティチェリ作 ヴィーナスの誕生と春・・・ダヴィンチ作 受胎告知・・・ミケランジェロ作 聖家族・・・ラファエロ作 自画像と

対面するのに二時間費やしたウフィッツイもやっと静けさ取り戻した感ありです。

ポンテ・ヴェッキオの日暮れ時・・・・・川辺ではディナーパーティーで盛り上がっておりまする。

ホテル

オーナーから勧められた食事処ともう一つ・・・・・

ジェラテリア

 

流石やねえこの品揃え、、、思わず「ダブルでお願い!」 喰ったら「もう腹はち切れそう」

石造りの街に流れる心地よいアリアの響き・・・・・この教会のチャリティーコンサートが音源でした。

共和国広場では

目立ちたがりの連中、思い思いに場所確保演奏が始まりました。

こちらは陽気なスペインからの軍団!?

寝る前の腹減らしの散策、、、、、メディチ総本部。

巨大すぎてワイドカメラでも入りきれぬサンタマリア・・・・・

縦方向にしたって同様、さあ帰って寝ようか。

ホテル建物は歴史的建造物、、、乗馬したまま入場出来る門の高さですが、重~い、、、先ずメインの鍵で入った後に

ホテルゲートはセキュリティーカード使用します。

 

さらに部屋には

別鍵にて入室、訳わかりません!? だだっ広い二十数畳のガラーンとした空間・・・ベッド三つもあってどれに寝ようかニャ。

これでもシングルユース、、、お一人様72ユーロ、エアコン・冷蔵庫・電話・ネット関連一切無し! おかげで静かに寝れます。

「あんたあ、何ばしよっと!」 「俺?何でっしゃろ?」 「何かお忘れでは」 後日談ですが・・・・・実はとんでもないアホ、やってしまったのです、この夜。

手持ちユーロが足りなくなってきたのでいつも通り、CitiBankカードで現金下ろしたまでは良かったのですが・・・・・カードを取るのを忘れた!?
日本のCDとは違って動きが緩慢、現金だけ掴んで急ぎ、お店へと駆け込んでしまったのです。 更に追い討ち掛けるように此の事実に気がついたのが
何と一日半後、 再び現金出そうと・・・「ありゃ、カードが無い!?」 MORI君まで心配して「大丈夫ですか?」

直ちに日本のCitiBankへ連絡しカードの使用を停めてもらいましたが、、、「あっ、そうたい」 持参のPCでネット接続し口座の残高を別口座へと振り替え
後は、一日半の間他人からの不正使用があったかなかったか? 残高明細見る限り最後の引き出し地フィレンツエ以降全く動きはありません。 ホッ!

何で日本円をユーロへ両替しないか? 手数料が高過ぎだからです。 為替相場1ユーロが169円の場合、街の両替商では181円も出さないと1ユーロ
になりません。商人を喜ばせる必要はありませんのでCD(現金自動両替機)を使ったという経緯、これだと約2円の手数料171円で1ユーロが得られます。
したがって買い物もカードでやるほうがお得、、、間違っても空港での両替は1万円以内にし、市内のCDで現地通貨に換えるようにしてください。


今朝も早くから散歩して、体調整えております。

サン・ロレンツオ聖堂のドームに陽光かかって、清々しい時間を愉しませてもらっています。

メディチ家礼拝堂、、、此の界隈には中世以降、一族の建物が集中して残っているのを見るにつけ、その威光を感じさせられます。

シンプルで分かり易い家紋

葡萄のような、丸薬のような・・・・・商工業・金融関連一手に握ったメディチ・ファミリー。 よく見ると ”MEDICEE” もしかして medicine の語源!?

だったらファミリーの生業は”薬師”ってことになりますが、、、いやいや私の勝手な推量、あてにはなりまっせん。 何せ今回の渡欧、山々オンリーで

イタリアの街に関する情報は現地に到着後のインフォーメイション、もしくはホテルで貰った案内図のみ・・・・・もの凄く!?歴史的重要遺産を前に

猫に小判状態に置かれていたようで、何ともはや。 でもこういうお天気任せ・風任せのお気軽旅、意外と印象深く残るのかもしれませんよ。

そんな遺産群

にあって・・・・・これは何とも直線的な二階建て。 フィレンツエ駅、Stazione di St.Maria Novella.

その名の訳は・・・

駅前広場の此の教会 Basilica di Santa Maria Novella!

美しい!

600年前の建物です。

アルノ川へとやって来ました。

今回は川の手前側のみの散策でしたが、時間あれば向うのピッティ宮殿はじめとする遺産群ともじっくり対面したいものです。

有名過ぎる橋

ポンテ・ヴェッキオ。 橋上の建物に注目! 当時メディチファミリーの住居は今の政庁であるヴェッキオ宮、でもってコジモ一世の奥方 「古いのはコリゴリ」

って云ったかどうかは定かではありませんが、対岸の丘陵に在るピッテイ宮買い取って移り住んだという、、、まあ何とも贅沢な!? だけならまだヨカヨカ。

「民衆の人目もあるし、雨なら濡れるし~」、で出来たのが ”ヴァザーリの回廊” 、一般に公開はされていませんが、昨日見て廻ったウフィッツイの展示室

の最後の部分のとあるドア開けると、そこには秘密の通路が。 それをズズーっと進めばこの橋の二階に来るという仕組み、更に新居までの間には教会まで

あって、、、もう何のこっちゃ! 旧居⇔新居間、駆け足でも10分近くはかかるパーソナル廊下、それが数百年の風雨に耐え見事に残っている・・・Viva Italia!?

此の時間、さすがに静か。

広場に向かうと、お馴染みの光景。

サンタマリア様もそれぞれ素晴らしい様相してはりますが、、、、、私個人的にはこのヴェッキオ宮の姿が何ともお気に入り。

アルノルフォの塔、上部に張り出しあると不安定に感ずるのが通常でしょ? でもこの宮殿はそこのところ当然汲んで設計されたのでしょう・・・・・

堂々たる

姿は共和国市民にどれだけの安心感与えたのでしょうか。 鎌倉時代の建物です。

一周して戻って来ました。

「朝食は8時からですよ」 「グラッツエ、でもよか、我々先急ぐけん イル・コント・ペルファボーレ」 「スィー・モメント」

アウト・ストラーダを一路ローマへ!

本当に安堵させられるこの光景! 沿線はほとんどが農耕地、食に対する拘りもつ国民が頼るところの産地、、、どこまでもどこまでも伸びて行く安心感。

あの丘陵は件の・・・

世界一美しい丘上の街・・・・・オルヴィエート で掲載済み、未だならご覧ください。

中世そのままに浸った3時間の後、、、ローマまでかっ飛び、巡航130KM。

此処から市内へ・・・・・

2000年前の街路

これ等見た

さる代議士先生の訪問団 「日本は戦後復興果たしたけれど、ローマは未だ未だですなあ」 呆れてもの言えませんが、、、選んだ民が悪いのよ!

複雑怪奇なローマの道路・・・・・鉄道線路頼りに偶然 Stazione Centrale-Roma Termini 西横に到着!

「ここで待っときMORI君」

駅構内ホテル案内所で 「とにかくバスタブ付き紹介して」 「スィー、よかのを紹介しましょ Savoy!」 「高いっちゃなかね?」 「知り合い価格っす」

地図書いてくれたはよかばってん・・・・・南へ下るほど酷くなる運転マナー、昨年のドイツでは聞いたこと無かったクラクションはバンバン、出会いがしらでは

当然のように双方飛び込むロータリー、かてて加えて彼の旅行者泣かせの一方通行、「そのまま真っ直ぐで着く筈やけど」 「また進入禁止、右しかだめです」

「なら右折して、左折すりゃよか」 「またまた一通、右しか行けません」 「また遠のいたニャ」

何の心配要りましょか、、、得意のタクシー飛び乗っての道誘導・・・・・

信号ない代わりにロータリー

「なんっちゅう威厳?やあ

これ何の建物?」 「凄いでしょ、最高裁です」 「ふーん、さすがやねえ」

「だいぶ慣れたニャ MORI君」

ヴェネト通り界隈は高級ホテルのオンパレード。

緊張感溢れるチェックイン!

お隣!?

超高級エクセルシオール

一泊10万円です。

やっと風呂桶に身を浸される喜びよ!!!!!